•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


スプリングスレッド

<名古屋・30代・クリニックスタッフ>
スプリングスレッドリフトの特色
弾性と柔軟性の両方を備えた特別な構造のリフトアップスレッドを使用する
フランスで生まれたスプリングスレッドによる肌の持ち上げは、コグ(突起)付きの特別な構造の糸を使用したリフトアップ技術です。シリコーンとポリエステルで作られているので、従来の持ち上げ糸よりも高い柔軟性と伸縮性を持ち、筋肉の動きに応じて伸縮しますので、ごく自然な仕上がりを実現します。スレッドには密接に配置された4つの方向性のコグが並んでいるので、肌を傷つけることなくタルミをしっかりと引き上げてくれます。

自然な表現を損なうことなく、しなやかで強力なリフトアップを可能にする伸縮性糸
たるみが目立つ箇所に糸を挿入し、皮膚の深い位置にまで糸のコグをしっかりと引っ掛けたうえで、強く捉えて持ち上げます。糸を頭皮の下に十分に挿入することにより、効果の維持および安定性がさらに改善されます。持ち上げて頬に高さを与えることで、あなたの肌の張りと光沢が蘇り、若々しい印象を与えるでしょう。スプリングスレッドリフトに使用される糸は、柔軟性と弾力性に富んだシリコーンとポリエステルでできています。顔の筋肉の動きに応じて伸び縮みするので、自然な表情を損なうことはありません。

スプリングスレッドリフトの効果
1.たるみ持ち上げ
糸に付いているコグを皮下組織に引っ掛け、糸を引き上げることによってたるみを上げます。スレッドは体内に吸収されず残存するので、リフトアップ効果は長時間続く。
2.肌の若返り
手術後約3週間で、皮下脂肪層(糸の周り)に微細なコラーゲントンネルが形成され、肌にしっかりした感触が復活します。
また手術から数ヶ月後には、リバイタライジング(revitalizing:肌復活)機能によって、より美しい仕上がりを望むことが出来ます。

自然な表情を損なわない「伸縮糸」
糸(スレッド)を用いたリフトアップ手術は、メスで切開するフェイスリフトよりも短いダウンタイムですみ、手軽な持ち上げ方法として知られています。
もっともこれまで行われてきたリフトアップ糸の材質は、主にポリプロピレンでできており、ほとんど伸縮性が存在しません。そのため表情の変化による筋肉の動きに追いつくことができず、タイトネスが感じられ、表情が固く不自然になるなどの弊害がありました。
これに対しスプリングスレッドリフトにおいては、弾性と柔軟性を両立させたシリコンとポリエステルを利用した糸が使用されます。そのため、筋肉の動きに応じて伸縮し、自然な表現を妨げません。

肌を傷つけず強く持ち上げる「ラウンドコグ」
従来の糸に付けられたコグ(突起)はギザギザしていたので、皮膚に傷をつけたり、傷跡を残したり、一時的な痛みを感じたりしました。スプリングスレッドリフトは、4方向の特殊な歯を丸く細くした特殊な構造の糸を使用しています。組織を傷つけることなく強く持ち上げることができます。

スプリングスレッド詳細
・構造
狭い間隔(24個/ cm)で四方に丸みを帯びたコグが配置されており、中央で方向が変わる
・材料
センターはポリエステル製、外側およびコグはシリコーン製の糸です。 50年以上もバイオ材料として使用されています。
・弾力性と伸縮性
ともに優れており、表情の変化(=顔の筋肉の動き)に応じて柔軟に変化します
・安全性
欧州CEマークは既に取得済みです。副作用や拒絶反応は報告されておらず、耐久性に優れています。突出部は皮下組織にしっかりと固定されているので、皮膚の外に露出の可能性は低い。両方とも完全な生体適合性を有し、50年以上使用されています
・問題点とその改善点
糸は表情の変化(=筋肉の動き)と関連して伸縮しますので、自然な表情を損なわないですみます。優れた耐久性・弾力性・柔軟性により張力(圧力)が分散します。丸い突出部は組織を傷つけず、痛みを少なくします。

スプリングスレッドリフトのダウンタイム
・治療時間
数十分くらい
・クリニック訪問
必要なし
・メイク
当日は化粧をしないでください。翌日から可能です。
・日常生活
翌日から洗顔・入浴が可能です。サウナ・お酒・激しい運動はお控えください
・腫れ/赤み
局所的な麻酔の副作用として腫れやむくみ、内出血が起こることがあります。それは1〜2週間続きますが徐々に落ち着きます。また2〜3日ほど痛みを感じることもありますが、痛み止めを処方しますので心配はいらないでしょう。しばらくの間、不快感、鋭敏感、痛み、浸透部位(糸侵入)、ひずみ、頭皮(結紮部位)膨化、色素沈着などの症状が見られることがありますが、徐々に改善されてゆきます。
・術後の経過
手術直後からリフトアップ効果を感じることができますが、腫れが落ち着いてから2週間〜1ヶ月で完成します。仕上がり外観には個人差があることをご了承ください。
・考えられる副作用や後遺症
ごくまれに糸が挿入された部分に痛み、腫れ、熱感などが見られることがあります。時間が経っても右症状がおさまらない場合は、炎症や感染症を引き起こしているおそれがあります。できるだけ早く医師の診察を受けてください。また糸が壊れたり皮膚から露出することは稀ですが、仮にそのようなことになった場合にも、クリニックの医者に相談するようにしましょう
※妊娠の可能性がある場合は、治療内容によっては受け入れられない場合がありますので、医師にご相談ください

※上記「スプリングスレッド」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •