•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


スマスリフト

<仙台・20代・美容外科カウンセラー>
顔の印象に影響を及ぼす輪郭の重要な部分として、エラの部分、顎、頬、こめかみなどがあります。しかし、メイクやヘアスタイルで隠すには限界がある顔のサイズの問題は、注射によって治療できますし、あるいは根本的に手術で解決することができます。また小顔という多くの女性があこがれる造形を手に入れるには。頬骨を小さくし、エラ張りを無くすことで、憧れの美人の顔になることができます。
もっとも輪郭手術は高度なスキルを持つ医師のみが行うことができます。経験豊富な医者でなければ、美しい術後のラインを手に入れることはできません。さらにはスマスリフトなどのリフトアップ手術を併用しなければならない可能性もあります。そして高価な手術なので、不明な点が分かるまでカウンセリングを受けてください。

エラ除去手術
正方形の下顎角を改善し理想的なフェイスラインにするために、口腔から下顎骨を切除し、余分な骨の部分を取り除き、正面および側面から見て美しいフェイスラインを作ります。骨切り術のみが行われる場合、患者によっては頬部分の皮膚の緩みが生じることがあります。最近ではしばしば顔リフトの切開から骨切り術と咬筋の除去を行い、同時にリフトアップを行うこともあります。外科手術は口の中あるいは頭髪に隠れる可能性のある領域で行われるため、外科手術の傷跡は目立たないでしょう。手術後には、側方だけでなく正面からも明確な「小さな顔の効果」があります。
下顎骨切除および咬筋除去は、スマスリフトを併用した顔面リフト(ないしはミニリフト)の切開創傷からアプローチするのがオーソドックスなやり方です。

顎の施術
いくらか顎を前に出したほうが顔全体にメリハリがつきシャープなイメージが強められ、丸顔の印象が緩和されます。また、プロファイルの線が鮮明で若返ってみえるという印象を与えることもできます。
ヒアルロン酸を注入して形状を調整する簡単な方法とがありますが、半年から1年で分解吸収されるため、効果を持続させるためには定期的な注入が必要です。
恒久的な効果を得るために、プロテーゼを挿入することをお勧めします。症状に応じて希望の形を確認して補綴物を挿入するので、全く傷がつく心配もありません。

顎があきらかに長い人や太い人の場合、顎の骨を切ったり削ったりする骨切りが必要となります。ですが骨切りで骨を短くするとオトガイ部に皮膚のたるみが生じてしまいがちです。その際にスマスリフトよるたるみ改善処理が綺麗なフェイスラインに仕上げるためにはとても重要です。仮に二重顎になるくらいの重度のたるみなら顎下の皮膚の切除および海馬の処置も必要になってくるのではないでしょうか。

頬骨の処理
頬骨の出っ張り具合や高さも全体的な顔の印象に少なからず影響を与えます。頬骨の骨格が高い場合は、骨をこすって高さを調整します。頬骨の厚さはわずか約5mmなので、頬骨が擦れても対応できない横方向の突起部のために頬骨を内側に切って反応することができます。
頬骨を削り落としたり頬骨を切ると、患者によっては顔の中央部分のたるみや法令線、鼻唇溝が悪目立ちしてしまいかねません。そうならないために通常はスマスリフトやミッドフェイスリフトと組み合わせて行います。

こめかみ手術
年を取るほどへこんでいくこめかみに対しては、自分の脂肪を注入することでふっくらとさせる方法があります。あなたの体の成分を使用するので異物反応がなく、かつ非常に自然な仕上がりが期待できます。治療の跡や挫傷を最小限に抑えるために、我々は超微細注射針を注射するので、休止時間はありません。あなたは女性らしい柔らかく優しい外観を作り出すことができます

※上記「スマスリフト」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •