•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ミッドフェイスリフト

<東京・20代・都内美容外科スタッフ>
ミッドフェイスリフトは主にミドルフェイス部分のたるみ・シワを解消するために行われる手術です。法令線を無くすことをベースとした治療ですが、私たちの医院で実施されているミッドフェイスリフトは、こめかみから目尻に至る広い範囲で持ち上げ効果を確実に生み出すフェイスリフトとなります。
ただし骨格の状態によっては、フェイスリフト効果が十分に発揮されないを場合もありますので、ミッドフェイスリフト前のカウンセリングで医師と話し合ってください。

ミッドフェイスリフトで以下の問題を解決できます!
・法令線をなくすことができます。
・目元から頬にわたる弛緩を引き上げる
・目の外側の隅のたるみを上げることができます
・将来のたるみを防ぐことができる
・見た目が若返って見える

私たちのミッドフェイスリフト
自然な若返りを可能にするために、別々の場所から持ち上げて適切な方向に引き上げます。まず、目の下(まつげの真下)で切開し、スパイラルライン周りの中間面を引き上げます。その後こめかみから近づいて、目の外側の角を中心に全面を下に引っ張ります。ミディアムフェイスは頬SMASとは異なり、筋肉や神経が走り、スケルトンに影響を与えるため、垂直方向に真っ直ぐ上げることは困難です。したがって、切開する領域を分割したうえでミッドフェイスリフトを行うことにより、より効果的な皮膚の持ち上げが可能になったのです。

1.効率のよいミッドフェイスリフトで顔をリフレッシュ
ミッドフェイスリフトは数あるフェイスリフト中でも難易度の高い部類に属します。チークリフトなどは肌を引き上げれば、誰でも一定の成果をもたらすことができます。しかし、ミッドフェイスは全く異なっています。たとえそれを外側に引っ張っても、上に引っ張り上げても自然なシルエットにはなりません。当医院では下まぶたの真下と耳の上のこめかみの2つの場所から引き上げることによって、より効果的で自然なフェイスリフトを実現しました。

2.ダウンタイムを極力短くする工夫とコミットメント
ミッドフェイスリフトは下まぶたとこめかみの2箇所の切開部であるため、特に目の周りで腫れが起こりやすく、より強い腫脹感が特徴です。そのため、可能な限り腫れを起こさないように術後テーピングなどの工夫を工夫し、ダウンタイムを最小限に抑えたミッドフェイスリフトを実践しています。また、投薬の調整などにより腫れを最小限におさえる工夫を行います。手術した次の日には医院で髪を洗うなどできるだけ早期に正常な生活に戻れるように適切かつ迅速なケアを行います。

3.デザインと傷跡に関する対策とこだわり。
繰り返しになりますが、ミッドフェイスリフトの傷は下まぶたと耳の上の髪の部分に作られます。髪の毛の部分は普通なら見えませんが、目の下の傷は普通に考えるとやはり気になるでしょう。そこで私たちの医院で行うときは切開ラインはまつげの真下にとられ丁寧に仕上げられていますので、メイクで隠すことが出来ない男性でも気兼ねなく受けられます。

4.術後の痛みを和らげる。
手術の心配の1つは、手術の苦痛と術後の痛みの心配です。手術の痛みに関しては、静脈麻酔と全身麻酔による治療ですべての痛みをカバーします。術後の痛みについても、内服薬の処方や痛みを抑えるテープなどの併用により抑制することができます。

 

<神戸・20代・美容外科カウンセラー>
実際に行われているミッドフェイスリフトの方法
私たちの病院で実施されるミッドフェイスリフトは、テンプル部分からのアプローチと下まぶた目元からのアプローチを融合させた複雑なフェイスリフトです。この方法により、ゲージラインの改善だけでなく、頬全体の浮き上がり、下まぶたのたるみなどの総体的な若返りも可能になりました。
加えて、我々はまたハムラ(Hamra)法によるミッドフェイスリフトも行います。ハムラ法は重度のたるみを伴う場合の高齢者に適した方法です。ハムラ法が万能で非常に良いと表現しているクリニックが多いですが、それは大きな間違いです。大規模なリフトアップが適しているケースは実は非常にまれなのです。
私たちの病院では、現在のたるみぐあい、患者さんが望む仕上がりイメージ、予想されるダウンタイム等諸事項を勘案した上で、最も適切な方法を提案させていただきます。

まずミッドフェイスリフトについて解説します。
・下まぶたのまつげの下を開き、頬全体を引き上げます。
・テンプル部分を開き、目の全体の角を引き上げます。

1.造形
ミッドフェイスリフトの切開をデザインする際は、耳の上で水平なW型に行います。まぶたの真下、目の下の縁にデザインを描きます。我々のコミットメントも切開設計に大きく現れています。直線的な切開がなく手術時間を短縮できます。持ち上げる方向に応じて自然な曲線で美しく自然にトリムされます。
2.使用される麻酔
局所麻酔により対処することができますが、もしも局所麻酔で痛みがあれば、静脈麻酔ないしは全身麻酔といった大がかりな麻酔法を併用することもできます。注射の場所は、耳の上5センチメートルの範囲と下まぶた全体です。
私たちは特に注意を払って局所麻酔で治療しています。それは、使用される薬物に対する止血に有効な成分を調製し、内出血を予防し、腫脹を予防し、早期の改善をもたらすことを特徴とします。
3.皮膚の切開および剥離
私はデザインに沿って肌を切開します。この設計にあたっては秀逸な工夫がなされています。悪目立ちしてしまう傷跡を残さないために、髪の毛の角度、下まぶたの形状に応じてごく自然なラインで皮膚の切開を行っていきます。
4.皮膚の切開および切除
頭皮が切開されたら、頭皮部分を剥がします。コメカミ部位の剥離層は側頭筋の上を注意深く剥がします。下まぶたは、眼球の後ろにある薄い脂肪層(SOOF)層にて行われます。十分な剥離と止血を確認し、上の頬、皮下組織、および皮膚の脂肪を全体に引き上げます。ミッドフェイスリフトでは、全体の頬を上げない限り結果に満足できません。したがって、眼窩筋の筋筋膜フラップ部分を眼窩リムの骨膜に固定します。
5.皮膚のトリミングと縫合
しっかりと持ち上げたら、皮膚をトリミングして傷口を縫合します。

ミッドフェイスリフト手術後の腫脹および予防策
[留意すべきポイントと術後の過ごし方について]
ミッドフェイスリフトは目の下の(まつげの真下の)テンプル部分を切り取って引き上げるフェイスリフトであるため、目の全体に強い腫脹を引き起こします。翌日に最大のピークがやってきますので、3日か4日かけて60〜70%の腫れを落ち着かせます。翌日に診察を受け、頭皮洗浄と傷跡が目立たないように処置を受けます。手術後の手術検査や手術のためのケアを実践しています。
テーピングは目の下に貼付けされますが、5日後には剥がせるようになります。
抜糸は7日後、頭皮部分の抜糸は10日後をお勧めします。
さらに術後経過のチェックのため、ミッドフェイスリフトの手術後1ヶ月、3ヶ月(半年でも)をお勧めします。最終的には患者に満足度を確認して問題がなければ、ミッドフェイスリフトはこれでいったん終了となります。

[フェイシャルクレンジングとシャンプーについて]
手術を受けた翌日、あなたの髪を私たちの病院で洗うでしょう。 2日後からはいつものように洗髪することができます。シャワーは翌日からも可能ですが、入浴は腫れを促すので、腫れが安定していると判断できてからです。

[内出血と腫れの予防]
ミッドフェイスリフトは、こめかみと目の部分の皮を剥がす作業なので、手術後に目に強く腫脹が生じます。また、腫脹や内出血は予防方法が大きく異なります。接眼レンズのテーピングと専用マスクを正しく使用し、術後ケアを積極的に受けることをお勧めします。

ミッドフェイスリフトの仕上げ保証について
満足のいく仕上がりを保証しますし、細かい傷や持ち上げの不足に関係する点についても、もちろんすべて誠意をもって対応させていただきます。ミッドフェイスリフトの最終点検が行われたら、フィニッシュの状態、満足度を確認し、問題がなければ終了します。将来疑念や問題があっても、一時的に起こっても特に期限を設けずに対応しておりますので安心してご利用ください。

(手術後の外科手術について)
手術後一度もクリニックを訪れなかった人は非常に僅かですがいらっしゃいます、彼らは見えます。くれぐれも自分自身で経過を判断しないでください。傷や仕上げに問題がありましたら、遠慮無く気になる点をご相談ください。私たちは責任ある治療を約束します。

ミッドフェイスリフトの問題
通常のェイスリフトとは異なり、スケルトンと肌の状態にその効果があるという特徴があります。医師の中にはその効果を引き出すために大きく引っ張り上げる人もいますが、不自然になったり、外見が変わったりするトラブルがよく発生します。。
■仕上がりに満足できない
特に目の周りの若返りをしたい人がよく行いますが、日本人の骨格の場合、持ち上げられても改善されないことが珍しくありません。

■不自然な仕上げ
ミッドフェイスリフトでよくあるのが不自然な仕上がりです。日本人の骨格の場合、ラインを改善することは非常に難しいことがあります。かといって強制的に引き上げると、不自然に見える外見になってしまったり、操作後も肌のつっぱりが消えなかったりと、多くの問題はでてきます。

■傷は醜くく残る
誰もが心配しているのは傷跡です。皮膚を広く解剖するため、ある程度の瘢痕は避けられません。しかし、瘢痕を目立たなくする方法がミッドフェイスリフト成功の鍵です。特に、目の下を切開して行った場合、傷が汚れていると目立つようになります。私たちの病院で手がけるミッドフェイス・リフトは、傷跡の綺麗さには評判があり、女性だけでなくメイクしていない男性も受けることができる治療法を提供しています

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •