•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


人工乳腺抜去術

<千葉・20代・美容外科カウンセラー>
「大きなバストの方がいいかもしれない」「私の乳首は人よりも大きい」バストについていろいろと悩んでいる女性もいます。

バストの美容治療として、「乳房の拡大」が最初に思い浮かぶ人が多いかもしれません。
最近、シリコンバッグなどの挿入方法だけでなく、自分の脂肪などを注入する方法もあるので、自分のライフスタイルに応じて治療法を選択することができます。
しかし、「私は興味がありますが、やや怖いです」「傷はどれくらいですか?」「他人に知られてしまったらどうすればいい?」など、手を加える部分が目立つようになると、疑いや不安がそれだけ大きくなります。

このような不安や心配を解消するために、乳房拡大だけでなく、「乳房縮小技術」(バストを小さくする)や「乳首縮小技術」(ニップルを小さくして乳房に近づける)などがあります。
あなたにぴったりなメソッドを見つけて、自信を持ってボディラインを作ろう!

治療のタイプについて
・バストを増やす
人工乳腺法:これは、シリコーンゲルや生理食塩水といった成分を内容物とするバッグを挿入する方法です。
脂肪注入法:これは、腹回りや太もも、二の腕、臀部などから余剰脂肪を吸引し、その脂肪を胸に注入してサイズアップを図る治療法となります。
・過度な大きさのバストを減らす
乳房縮小法:体の大きさや骨格とのバランスが保たれるように、大きすぎる乳房を小ぶりに調整する方法です。

・乳首や乳輪の形成
乳頭縮小法:乳首の大きさや形状を変化させたり整えたりする手法です。
乳輪縮小法:乳房と乳頭の状態に応じて乳輪のサイズを縮小する方法です。

・挿入したシリコンバッグを抜去する
人工乳腺抜去術:乳房の増強手術のために、時間の経過とともに不快に思った人のために、それは袋を取り出す方法です。
人工乳腺抜去術について
・手術時間/約1〜2時間
・ダウンタイム/ 2-4週間
・見積りコスト/ 30〜80万円

人工乳腺法とは何ですか?
ワキなどの目立たない部分からシリコン、ゲル、生理食塩水を入れた人工乳腺を挿入し、バストを約1カップ〜5カップ分拡大します。
バッグの大きさや形、柔らかさなどは、あなたの姿とバランスを見ながら望むものを選ぶことができるので、多くの人がイメージに近い仕上がりを実現できるように感じる治療方法です。
しかし、あなたの体の形状に対して大きすぎるバッグを入れると、あなたの肌を硬くして硬いバストになることがありますので、カウンセリングの際は医師に相談し、体の形に合わせてサイズのバッグを選んでください。なおバッグが合わずトラブルが発生しているなら、人工乳腺抜去術によりバッグを取り出すのが根本的解決方法です。

バッグを入れていると豊胸がばれてしまう?
熟練した医師によって身体に適したサイズのバッグが適切に挿入されれば、見ても触れてもいたって自然に感じられるので、ばれる可能性は低いといえるでしょう。
もっとも脇の下手術跡を見られることでばれてしまう可能性もあります。あなたがノースリーブの服や水着を着用する予定ならば、身体のどの部分にどれくらいの長さが切開されるのかあらかじめ確認しましょう。

カプセル拘縮のリスク
人工乳腺法により挿入された袋などの人工物を、異物として処理して排除する機能が人体には備わっています。それから繊維成分でカプセルフィルムを作り、その中に異物を封じ込めようとします。
右働きが強すぎてしまうと、袋はフィルムで締め付けられすぎて損傷ないしはバストの変形を引き起こすのです。この現象はカプセル拘縮と呼ばれます。
人工乳腺法を受けた10人のうち1人は発生していると推察される症状であるため、ほとんどのクリニックでは術後マッサージや処方薬などによる予防を行っています。
カプセル拘縮が発生した場合の基本的な解決策は、バッグを取り外す人工乳腺抜去術を受けることです。

人工乳腺に関するよくある質問
Q・バッグは乳癌の発見を遅らせるか?
A・乳腺専門家が適切な診断を行う限りにおいては、乳がん発見が遅れる問題は起きにくいと言われています。乳がんの健康診断の時にシリコンバッグなどが入っていること、つまり豊胸していることをどうしても知られたくないならば、乳腺専門のドクターを紹介してもらえることもありますので、クリニックや医師に相談してください。

人工乳腺抜去術のレビューと経験談
小さな胸がずっとコンプレックスで、妊娠してバストが大きくなったとぬか喜びしたのはいいんですが、結局サイズは元に戻ってしまい、それどころか以前よりももっと萎んでしかも垂れてしまいました。いてもたってもいられず人工乳腺豊胸をやったんですが、とにかくサイズを大きくしたいと欲張って大きすぎるバッグを入れてしまったせいか、カタチは不自然だし張って痛いしでトラブル続出でした。結局人工乳腺抜去をやって適度な大きさのバッグを改めて入れ、ようやく人並みの胸になれました・・。人工乳腺抜去および交換をやった直後は筋肉痛みたいな痛みがあったんですが、時間が経つにつれそれも無くなって、傷跡もわきの下に少しあるだけです。形もきれいで、バッグの大きさも前よりセーブしたおかげで、あからさまな豊胸のカンジがしないのでお気に入りです

※上記「人工乳腺抜去術」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •