•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ミニリフト術

<神奈川・30代・元美容外科勤務>
ミニリフト術による皺・タルミとり
残念なことに、レーザー治療やマッサージでは、深い皺やたるみをとることはできません。かといってフェイスリフトの操作では、パンパンに腫れて何日も外出することができないのは困るし、何よりも切ることを恐れている人も多いんじゃないでしょうか。

顔の筋肉の筋膜が徐々に老化とともに緩み、重力に打ち勝つことができなくなることによってたるみが発生します
さらにそれらのたるみのために、法令線は深い溝になりより高齢の印象を与えてしまうのです。
またマリネットラインと呼ばれる線が口周辺に出現すると、弛みが目立つようになっているサインにもなります。
“法令線のおかげで実際の年齢よりも年上に見られてしまう” “気づいたとき頬と口はたるんでいた”急激な体型の変化によっても生じる皺やたるみは、女性の大きな問題の1つになります。メイクアップなどで隠すことは不可能でしょう。いつも鏡の前で悩んでいる人々のために推奨されるアンチエイジング治療、それがミニリフト術です。
※手術は局所麻酔で行います。

少しだけリフトアップさせたい人に・・
カジュアルな “ミニリフト術”
フェイスリフトを行うまでとはいかないものの、最近目立ってきた口元のたるみをどうにかしたい人、傷をできるだけ小さくしたい人、糸やレーザーよりもはっきりとした成果が欲しい人にはミニリフト術がおすすめです。

ミニリフト術詳細
麻酔:部分(局所)麻酔薬注射
痛み:
(麻酔中)注射による麻酔であるため、針を刺したときに痛みが伴う
(治療中)痛みはありません
(治療後)痛みはほとんどありません。予防措置として鎮痛薬を用意していますが、ほとんどの人はその日だけ服用しています。
腫れ:手術直後はほとんどありません
内出血:手術直後にはほとんど時間がありません(徹底的な止血は手術後の内出血を防ぎ、包帯を巻く必要はありません)
効果:約1ヶ月間赤みが消えて(個体差あり)、耳の前のシワのように傷が目立たなくなります
価格:SMAS法\ 1,080,000〜\ 1,296,000
回数:1回
満足度:私が想像したように満足度は高いです(手続き中に確認できるため)

ミニリフト術・治療の流れ
(1)ミニリフトのシミュレーション
患者に鏡を持たせるように求めている間に、手を頬に添えてどれくらい持ち上げるのか、その度合いをチェックを行います。その際には仕上がりが不自然となることがないように、上下左右斜めあらゆる方向に引き上げて、最良の方向にマークしておきます。
(2)耳の前の「しわ」または「溝」に沿って曲線を描くように設計します。
(3)治療
局所麻酔で行う。患者との引き上げの程度を確認しながら、治療をすることをお勧めします。
(4)ミニリフト処理後
傷の上に肌の色調を保ち、髪で隠す。

ミニリフト術体験談
頬のたるみ、顔のライン、法令線が心配だったのでクリニックに相談に来ました。自分でいろいろな化粧品を試しましたが効果がなく、もうミニリフト術をやってしまえという開き直った気持ちでしたね。局所麻酔で先生と話しながら手術は進んでいきました。手術中に引き上げの程度を確認することができたので、安心してお任せできました。手術後は毎朝顔を洗うときに肌のハリが見違えるようになっているのが実感できます。メイクにも自然と気合いが入りますね

※上記「ミニリフト術」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •