•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


スプリングアプトス

<東京・20代・美容外科勤務>
スプリングアプトスは、当クリニックが現在行っている最新のリフトアップ法です。
皮膚の下に特別な糸を置き、たるみを持ち上げる方法となります。
使用される糸は、外科手術で一般的に使用される材質で構成されるもので、これまでのようなフェイスリフトとは異なり、メスで大きな切開を行う必要がないことを特徴とします。フェイスラインはきちんとシャープになるため、小顔形成にも有用な施術となります。
・フェイスラインをきれいにしたい人
・しわやたるみが気になる人
・しっかりとした小さな顔になりたい人
・大きな手術に抵抗する人
・1回の治療で変化が欲しい
・信頼できる効果を望む人
当クリニックのスプリングアプトスはこのような人に適しています。

スプリングアプトスの特色
1.これまでに類を見ない強力なリフトアップ
2.従来より長い期間効果が持続する
3.手術後の体の負担が軽微
スプリングアプトスは “スレッド”を使用して頬Tのたるみを持ち上げる治療の点では変わりませんが、そのメカニズムおよび働きの点で最新のリフトアップ治療です。
以前までのスレッドの形状とは完全に異なっており、ゴムのような伸縮性に長けた非吸収性の糸が表情にそって動いてくれるため操作後の違和感がなく、挿入後の糸が引っ掛かる心配もありません。
したがって過去のスレッドを凌駕する非常に強力なリフトアップの効果および持続時間を得ることができ、手術を受ける人を満足させる非常に高い治療となっています。

操作手順
こめかみ部分の髪に約2cmの切開を施し、頬の部分を剥がしていきます。続いてスプリングアプトスの糸を潜り込ませ、引っ張ったところで筋膜に固定、余分な糸を切断、切開縫合する。

糸を使用したその他の処理方法
・アプトス
糸の両端から中央まで、皮下組織を引っ掛けて糸の中心に向かって組織を引っ張ることにより、ぎざぎざのかすかな糸を引き上げることができます。あなたの頬に丸みとボリュームを与えるトリートメントとしても使用できます。吸収可能な糸と非吸収性の糸があり、手術後にAptosを取り外そうとしても糸を見つけるのは難しいので、心配な人のために吸収性の糸を推奨します。

スプリングアプトスの解説
・シルエットリフト
“コーン”という円錐状の細かい突起物を有するスレッドを用いたリフトです。コーン自体は吸収される材料から作られ、糸部分は吸収糸と非吸収糸を有する。約2cmのこめかみを開き、糸の両端からギザギザの糸を中央に引っ掛け、皮下組織に引っ掛け、組織を糸の中心に向かって引き上げて持ち上げます。コーンのフックが強いので、強く引き上げることができます。

糸について
糸には吸収糸(溶融糸)と非吸収糸(溶融糸)があり、必要に応じてどちらかの糸を選択します。

●吸収糸
約1年で溶けますが、溶融後も糸に沿ってコラーゲン繊維が形成されるので、持ち上げ効果が持続すると言われています。スレッドは将来にわたり皮膚から飛び出すことは無くなるものの、リフト効果は溶融できないスレッドに比べて短くなる可能性が高くなるでしょう。
●非吸収性糸
スレッドが溶けないので、皮膚下に残存し続けリフト効果が継続されます。しかしごくまれに糸が皮膚から出てくるか、炎症や化膿をおこす可能性があります。

スプリングアプトスを受ける上で重要なこと
あなたが手術結果に満足するか否かは、正確な知識・卓越したスキル、豊富な手術経験を担当医が有しているかがカギです

※上記「スプリングアプトス」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •