•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術生理食塩水バック

<横浜市・20代>
豊胸手術とは何か···
Theme=豊胸手術生理食塩水バック
豊胸手術には、人工乳腺法(バッグ挿入法)と脂肪注入法の2種類が存在します。
昔からおなじみの豊胸手術といえば、「人工乳腺法(バッグ挿入法)」ですよね。
「人工乳腺法」とは、生理食塩水バッグ、シリコンジェルバッグ、クリスタルバッグ、CMCバッグ、コヒーシブシリコンバッグ等の人工的に作られたバッグを乳腺下や大胸筋下に挿入する方法である。
そして、「脂肪注入法」は、太もも、胃、臀部から脂肪を吸引し、脂肪を乳房に注入する方法である。
注入した脂肪は毛細血管などに取り込まれ、この部分の組織として生着するが、生存率は100%にはほど遠く、所望の結果を得ることができない場合が多々ある。さらに、乳腺の数が少ない人では2〜3カップのサイズを増やすことは困難である。
「人工乳腺法(バッグ挿入法)」の手術時間は約1時間、「脂肪注入法」は約2〜3時間です。どちらの方法も入院は必要ありません。

豊胸手術に使用されるバッグの種類・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック
バスト、体格(骨格/筋肉など)、欲求(感覚の快適さ、安全性、耐久性)の条件に適したバッグが選択されます。

生理食塩水バッグ・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック
人工心肺と同じ材質のシリコンバッグの中身として医療用として広く使用されている生理食塩水バッグ。これは完全無菌処理がなされたおり、人体に近い完全な無菌処理を施し、体に無害な生理食塩水である。

【利点】
・バッグが壊れても、人体に悪影響はなく、最も安全である。
・折り畳まれて挿入されているため、傷は1.5cm。
・バストの大きさの微調整は、注射する生理食塩水の量で行うことができます。

【欠点】
・耐圧・耐久性に優れておりません。
・水漏れの可能性があります。
・水が流れる感じがある。
・ジェルタイプのバッグと比較して、より硬い感じです。
・バッグの寿命は10〜15年と短いというデータがあります。

シリコンジェルバッグ・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック
それは豊胸手術のための最も古くからある代表的なバッグであり、世界中で使用されていますが、1992年に米国食品医薬品管理局(FDA)がシリコンバッグの中身が乳癌の原因になりうると発表しました。さらに自己免疫疾患を引き起こす危険性から、中止要求が出された。その後、シリコンジェルバッグは乳がんと自己免疫疾患との因果関係が否定され、再び使用が始まりました。
このような状況で、シリコンジェルバッグは人工心肺にも使用されるシリコンでつくられており、医療の現場でも使われております。
【利点】
・非常に柔らかい素材で、自然な触り心地です。
【デメリット】
・バッグが壊れた場合は、開胸が必要な場合があります。
・バッグが壊れてシリコンの内容物が漏れた場合、周囲の組織に付着して硬くなり、そのままにしておくと石灰化や肉芽腫を引き起こすことがあります。
・X線で出現する可能性がある
・バッグの破損に気付きにくいので、半年に一度、もしくは一年に一度定期点検をする必要があります。
・約3〜4cmの傷跡が残ります。

コヒーシブシリコンバック(ユーロシリコン)・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック
シリコンジェルバッグは、バッグが壊れたときにシリコンジェルの内容物が体内に漏れるという欠点を有する。しかし、コヒーシブシリコン (ユーロシリコン)が損傷しても、シリコンの凝集率が高く、ジェル状に固められた材料で作られているため、内容物が漏れ出すことはないのです。
つまり、コヒーシブシリコンは、シリコンジェルバッグの欠点を改善し、安全性を向上させております。また、素材は柔らかく、自然な感じです

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •