•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術生理食塩水バック・寿命

クリスタルバッグ・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
クリスタルバッグは、フランスのユーロシリコン社が発明した継ぎ目なシリコンバッグです。徹底的な安全性研究の結果、Nisshir Silicon Technology社の液状高分子シリコンは9層のフィルムコーティングとバリアコーティングを持ち、優れた耐久性を誇っています。

【利点】
・自然な動きにフィットしており、横になると自然で柔らかい。
・見た目の仕上がりが美しい。
・バッグが壊れたとしても、内容物が生理食塩水(人体に近い、体に無害)なので安全。
【リスク】
・ジェルタイプのバッグと比較して、より硬い感じ

CMCバッグ・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
CMCバッグは、ハイドロジェルの一つであるカルボキシメチルセルロースと呼ばれるものです。食品に含まれる天然の水溶性物質からできています。
【利点】
・バッグが壊れも内容物は安全で体内に吸収されてるので体に害はない。
・見た目だけでなく、ナチュラルなタッチ、最新のバッグである。
・バッグ内に噴射弁がないため、内容物の漏れのリスクが低い。
【リスク】
・フランスでは安全性が不安視されていて、使用禁止の要求が出されている。

豊胸手術後の痛み・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
手術の1〜3日後、各患者で差がありますが、ひどい痛みがあります。特に大胸筋下手術の場合、痛みは乳腺下よりも数倍強く、痛み止めだけでは眠れない人もいます。
そのような人のために、硬膜外麻酔、座薬、麻酔スシールなどによって鎮痛剤を注射ではありませんが処方します。

豊胸術の安全性と副作用・・
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
豊胸術手術は異物を体内に取り込むため、さまざまな事故や副作用が考えられます。
術前問診とアフターケアでこれらを予防することが重要です。
●被膜拘縮
異物(豊胸術手術で使用されるバッグまたは注入脂肪)が体内に入ると、それに隣接する自己組織が拒絶され、バッグの周囲に結合組織被膜が形成される。この被膜が収縮してバッグを締めると、バッグはすきまを失い、硬くなる。これは、胸の感覚を悪化させるだけでなく、胸を変形させ、痛いかもしれません。その場合は、バッグを取り外す必要があります。
被膜拘縮の発生確立は低く、マッサージによって防止することができます。また、触感や見た目に問題はありますが、体に無害です。

●バッグ破損
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
豊胸術に使用されるバッグは非常に高品質で耐久性がありますが、損傷しないわけではありません。体内で生理食塩水バッグやCMCバッグを傷つけても、内容物、生理食塩水は体内に吸収されて尿として排出されるので無害ですが、破損て有害なバッグもあります。万一事故が起こらないように定期的な点検を行うことが重要です。

●乳首と胸の知覚鈍磨
乳首と胸の知覚は、主に肋間神経によって支配される。豊胸術手術によってこれらの神経に刺激を与えることによって、乳首と胸の知覚は手術後に減少し得る。ほとんどの場合、約6ヶ月で治癒しますが、場合によってはあなたの知覚を失うことがあります。

●血腫と感染
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
まれに、バッグが挿入されたスペースに血液が蓄積し、血腫を引き起こすことがあります。この場合、蓄積した血液を除去する必要がある。
さらに、細菌のために感染が起こることがあります。この場合、バッグ抜去の必要があります。

●バックのサイズや位置の誤差
Theme=豊胸手術生理食塩水バック・寿命
手術前のカウンセリンが不適切であったり、手術中の医者の不十分な確認などにより、理想に応じた胸に仕上がらないかもしれない。
熟練した医師のもとでは、なりたいバストの願いを事前に伝え、適切にカウンセリングを行うことで、これらを防ぐことができます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •