•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸人工乳腺

<大阪・20代・美容外科勤務>
豊胸人工乳腺・・
人工乳腺は腋窩から挿入されています。まず、脇の下のしわに沿って切開を行います。人工乳腺を大胸筋下や人工乳腺に挿入するスペースを確保します。それに人工乳腺を挿入し、胸を形作ります。傷は脇の下のしわによく似ているのでほとんど目立ちません。

そもそも乳房とは何ですか?
Theme=豊胸人工乳腺
乳房は、哺乳類の胸部全体に左右対をなすように存在する。その役割は乳を分泌し、乳児を育てることです。ミルクは栄養素だけでなく免疫物質も含んでいます。非常に低い免疫力の幼児に授乳することによって、新生児を細菌やウイルスから守ることができます。
乳房は女性性の象徴でもあり、性的魅力の役割も持っています。美しい大きいの乳房は、多くの女性にとって憧れです。

豊胸術とは何ですか?
胸の大きさや形などに悩みを持っている人はけっこういます。 “もともと小さい胸である”、 “若い頃は美しい胸になっていますが、年を取るにつれて胸が下がり、垂れてしぼんだ”などです。豊胸術は、あなたのコンプレックスを改善するための治療の総称です。豊胸術には、1:ヒアルロン酸注入、2:人工乳腺法、3:脂肪注入法の3つの方法がある。 「大きくて美しい胸を半永久的に自分のものにしたい人のために」、「2カップ以上バストアップしたい人におすすめ」なのは人工乳腺法を用いた豊胸人工乳腺法です。

人工乳腺とは何ですか?
Theme=豊胸人工乳腺
豊胸術のために使用されるバッグの中身は生理食塩水、ハイドロジェル(CMC)、コヒーシブシリコンなどの様々な種類がある。コヒーシブシリコンが現在広く使用されており、最も安全と言われています。タッチは自然で耐久性に優れています。
現在日本で販売されているコヒーシブシリコン製品には、「バイオセル」と「メモリージェル」があります。当病院は両方の製品を扱い、患者に合ったものを提案することができます。

豊胸人工乳腺の治療・・
人工乳腺が挿入される層には、①乳腺下、②大胸筋下の2種類が存在します。我々は、所望の胸の大きさ、肌の状態、胸の垂れ具合などを考慮して決定する。
人工乳腺は腋窩から挿入される。まず、脇の下のしわに沿って切開を行います。人工乳腺を乳腺下または大胸筋下に挿入するスペースを確保します。それに人工乳腺を挿入し、胸を形作る。傷は脇の下のしわによく似ているのでほとんど目立ちません。

豊胸人工乳腺による施術の流れ・・
ステップ1
人工乳腺を挿入する部分に印をつけます。
ステップ2
麻酔は、局所麻酔および静脈内麻酔を用いて行われる。
ステップ3
脇の下の約3〜4cmを切開、人工乳腺を挿入するためのスペースを確保する。
ステップ4
人工乳腺を挿入し、胸の形を形成する。
ステップ5
最後に、慎重に傷を縫うことで終わります。

豊胸人工乳腺のアフターケア・・
挿入された人工乳腺の周囲にカプセル(被膜)が形成される。多くの場合、このカプセルは薄く柔らかい。まれに形成されたカプセルが厚くて硬くなることがあります。これは「カプセル拘縮」と呼ばれ、起こる確立はは2〜3%です。
カプセル拘縮が起こると、触感が硬くなり、満足感に大きく影響する。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •