•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸生理食塩水バック

<名古屋・40代・美容外科カウンセラー>
豊胸生理食塩水バックや豊胸と乳がん検診についてまとめます。

シリコンバッグ、生理食塩水バッグ、ハイドロジェルバッグなどで豊胸手術や乳房再建手術を受けた患者さんは所定施設で乳がん検診を受けることが出来ます。豊胸後の乳ガン検診では、乳腺外科専門医もかねていらっしゃる水沼医師(烏山水沼医院院長、自治医大外科非常勤講師)が有名です。
多くのクリニックでは、完璧な予約システムで定員制ですので、定員に達したら受付が終了します。

乳がん検診について・・
Theme=豊胸生理食塩水バック
乳がん検診の概要
現在、日本で最も女性がかかる癌は乳がんです。多くの地方自治体が35歳から乳がん検診を実施しています。35歳になると診察の指導通知が来るケースがほとんどです。
乳がんが早期に発見されれば、それはまったく恐ろしい病気ではありません。テレビで芸能人や有名人が登場し、しばしば早期発見を発表するシーンを見ています。私はピンクリボンと呼ばれる乳がんの早期発見のための活動を知っている多くの人々がいると思います。
乳がんは、胃がんや肝がんとは違って体表面のがんであるため、自己診断(触診)の可能性が高いです。

健康診断の種類・・
乳がん検診の種類
Theme=豊胸生理食塩水バック
・自己検診(触診)
実際に指で皮下に乳腺を触れて、しこりや異常がないかどうかを確認します。これは、乳癌組織がある程度まで成長してしまうまでは分かりません。お風呂に入って習慣をつくる人は多いです。

・マンモグラフィー
Theme=豊胸生理食塩水バック
乳房をサンドして押して撮影する一種のX線写真です。日本で乳がん検診の最も一般的な手段です。石灰化した乳がんの組織がはっきりと示されています。マンモグラフィーは乳房を押すので、多くの痛みを伴う欠点です。

・超音波エコー
マンモグラフィーとは異なり、被爆を心配する必要はなく、検査中に痛みはありません。患者の負担が最も少ない方法です。検査中に、疑わしい組織の生検(乳腺組織の一部を収集し、正確な検査を行う)を一緒に行うことも可能である。非常に簡単な方法ですが、検査を行う医療スタッフの経験とスキルに差が生じる検査方法です。

・MRI
Theme=豊胸生理食塩水バック
これは被爆ではない検査方法でもあります。画像としてはっきりと分かるので、診断値が最も高い方法が現在の方法であると言えます。しかし、それは大規模な医療機関にのみ導入されており、コストはかなり高いので、誰もが行うことは不可能です。「乳がん検診」の目的ではほとんど行われていません。しかし、乳がん検診の目的で米国に広がり始めています。(しかし、それはお金持ちの人々に限られています。)

豊胸を受けた患者の乳癌検診・・
Theme=豊胸生理食塩水バック
2002年頃に生理食塩水バッグで豊胸手術を受けた患者でマンモグラフィーを受けた後にバッグが破損してしまった事故がありました。マンモグラフィーが原因の破損ではないか?と論争になっています。それ以来、ほとんどの自治体は、豊胸手術を受けた患者のマンモグラフィーを受け入れないようになってしまいました。その事実は、乳がん検診ガイドのハガキにも記載されています。
このように、現在の日本では、豊胸手術を受けた患者の乳癌検診の方法は、触診および超音波エコーだけという状態である。 (もちろん、検査で乳がんが発見された場合や、乳がんの疑いがあるケースでは、マンモグラフィーとMRIは患者の同意を得て実施されます)。
そのため、豊胸したいけれど乳ガン検診に行きにくくなるのではないかと危惧する女性が多いのです

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •