•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸生理食塩水バック・乳がん検査

<北海道・40代>
豊胸手術を受けた患者の乳がん検査・・
Theme=豊胸生理食塩水バック
・正常なシリコンバッグが乳腺の下に挿入されている人のエコー画像をみると、シリコンバッグの内側は、黒色で低エコー領域として描かれている。
・通常、原発性乳がんは乳腺から発生しする。乳がんは、血行性、リンパ性、浸潤性に広がります。
乳腺下法、大胸筋下法のいずれにおいても、シリコンバッグが乳腺の下の方にあるため、乳癌の発見が遅れたり、乳癌手術の障害になる可能性はない。乳腺下のシリコンバッグがある患者が乳がんになったとして、初期段階にある場合は、乳房下にある乳房を大胸筋下に移して続けることも可能です。もちろんその場合は乳腺外科専門の医師に相談してください。

超音波エコー画像ですが、白と黒の境界が波打っていることがはっきりとわかります。これは、シリコンバッグの「リップリング」と呼ばれる現象です。
Theme=豊胸生理食塩水バック
バッグの表面のシリコン膜が曲がり、しわになっている状態です。これがバストの表面から触診してわかる場合は、豊胸手術がばれるかもしれません。これは、乳腺および皮下脂肪の組織体積の減少が原因で引き起こされます。
悪性腫瘍の疑いがある画像が発見されることもあります。
それが悪性かどうかを判断するためにカラードップラーでチェックします。
血流のある部品は点で暗くなります。
悪性腫瘍はしばしば血流が豊富である。
それは最も一般的な “嚢胞”ですが、悪性ではありませんので、心配いりません。

乳がん検査・アフターケア・・
Theme=豊胸生理食塩水バック
破損の可能性によりマンモグラフィーを受けることができないため、豊胸手術を受けた患者にも、乳がん検査の主要な方法として超音波エコーがあります。

本来は検診のハガキに載っている近所の乳ガン検診を行っている病院を受診します。しかし、患者の心理として、「近所の医者で乳がん検査を受ける際に、豊胸手術を受けたことについて話す必要があることは恥ずかしく、いやだ」と多くの意見があります。「手術後に豊胸手術をやったクリニックで、乳がん検査を受けることができますか?」という要請もあります。

たとえば、共立美容外科宇都宮院やナグモクリニックのように乳がん検査をおこなっている病院もあります。(共立美容外科宇都宮院の場合は、乳腺外科専門医である水沼医師(烏山水沼医院院長、自治医大外科非常勤講師)が担当している。)
Theme=豊胸生理食塩水バック

将来的には、患者に都合のよいときにいつでも超音波エコーの乳がん検査を行うシステムが整うのが理想と考えます。超音波エコーモデルは、トップメーカーであるAlokaが「ProSound SV 3500」という色彩機能を備えたデジタルモデルを導入している。

乳がん検査の流れ・・
Theme=豊胸生理食塩水バック
1・ホームページや医院ブログなどで乳がん検診の日時を確認して予約する。
2・病院に行き、ベッドに裸(上半身)になりベッドに寝る。
3.乳がん検診する側の背中に枕を置き、超音波エコーの検査が容易な姿勢を取る。
4・皮膚にジェルが付着した状態で、皮膚に超音波エコープローベをかけて検査を行う。
5・両サイドで約10〜15分で終わります。
6・ジェルを拭き取って衣服を交換すれば、帰宅できます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •