•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術生食バッグ

<福岡・20代>
豊胸手術・豊胸手術生食バッグについてまとめます。
Theme=豊胸手術生食バッグ
豊胸手術とは乳房を大きくする手術のことです。主に外見上の美容目的の手術を指します。
豊胸手術の方法には細かく色々あります。大きく分けると3種類に分類できます。昔から行かれているベーシックな方法として、バッグプロテーゼ挿入法(シリコンバッグ挿入法)。プチ豊胸と呼ばれているヒアルロン酸注入法。脂肪注入法で、これは自分の吸引した脂肪をバストに注入する方法です。

2000年にはじめてFDAが豊胸用の生食バッグを承認しました。シリコンバッグは6年後の2006年に承認されたのですが、今でも生食バッグは18歳以上、シリコンバッグは22歳以上の女性にのみ許可されています。アメリカには生食とシリコンバッグには異なる年齢制限があるのです。しかし、豊胸手術を扱う日本のクリニックのサイトやブログには、この事実はほとんどと書かれていません。

永久に持つ豊胸バッグはありません・・
Theme=豊胸手術生食バッグ
日本のクリニックでは「半永久的豊胸効果」と広告する病院が多くあります。
しかし、「永久に持続する」豊胸バッグはありません。生食もシリコンも、最終的には破け劣化するのです。FDAのデータでは平均寿命は約10年。11年以内に片方のバッグは必ず破損するだろうと、研究データが出ているそうです。問題なのは、シリコンなどの中身が体内に流出してもわからないケースが多々あることです。

豊胸バッグの入れ替えと抜去・・
Theme=豊胸手術生食バッグ
豊胸手術における後遺症は、「カプセル拘縮」が知られていますね。
カプセル拘縮は体に異物が入り、本来は体外に排出しなければいけないものが排出出来ず、体の中で膜を張って防御する事に起因する症状です。固くしこりになったり、胸の形がおわんのようにおかしくなる等のリスクがあります。

豊胸バッグの抜去、入れ替えは挿入時と同じ切開が行なわれます。しかし、ケースによっては乳輪周囲やアンダーバストの切開になってしまう可能性もあります。バッグ除去と言っても、周縁の繊維と癒着したバッグを抜去するには、漏れ出たものをキレイに取り除くための高度で丁寧な手術が必要になります。

豊胸手術の合併症、後遺症、感染症について・・
Theme=豊胸手術生食バッグ
生食バッグ内にカビが繁殖する危険。実際にあることですが、生食バッグ内にカビが繁殖。それが破損して体内に流出して、深刻な健康被害をもたらす事例もあります。人気海外ドラマの「24」に出演していた女優もこの症状で大変な目にあったと語っています。すべての症例が、豊胸バッグをしたからといってて、経過がいい訳ではありません。除去した後も、痛みがつづく例もあるのです。

2014年には、アメリカでは実に豊胸バッグ除去術した症例は23000件。バッグ除去の原因は感覚麻痺・感染・バッグが硬くなる・バッグが破れるなどです。
脂肪注入などで体内に埃が入ることによるアレルギー反応なども起こってまいす。発熱や腫れ、痛みを伴い、場合によっては化膿してしまった事もあります。

豊胸手術の危険性・手術の傷・痛み・・
Theme=豊胸手術生食バッグ
シリコンバッグ豊胸手術は抜糸が必要です。腋の下から入れられる方法が一般的ですが3〜4センチ程度の傷が残ります。
脇のシワでくっきりはみえないが、手術跡が完治することはないです。ノースリーブなどを着れば気になるかもしれません。
シリコンバッグ挿入が原因で、バストトップの感覚に以上が出る場合もあります。

バッグ挿入は一週間は激しい痛みがあります。
Theme=豊胸手術生食バッグ
腕が上がらない、うつぶせでは眠れないという人も多いですね。シリコンバッグ豊胸手術は確実に胸は大きくなりますが、胸の奥に異物を入れるので強い痛みがあります。痛みは、シリコンバッグを入れる位置によって少し違いがありますが、いずれも一週間は痛みがあります

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •