•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


前額部フェイスリフト

<京都・30代・美容外科カウンセラー/ブロガー>
前額部フェイスリフト
顎のライン、頬、下まぶたに上まぶた、そして額と、年を重ねれば顔のいたるところに皺やたるみが生じてくるのです。まぶたや頬のたるみは意識しやすいのですが、前額にできたたるみは意外に気づきにくかったりします。
そもそも額のたるみは、眉毛が倒れた八の字型の眉毛の原因であり、目の上に皮膚が被さる原因でもあるのです。上まぶたと眉毛が垂れ下がった表情は暗く疲れた印象を与えてしまい、実年齢より間違いなく老けてみられるでしょう。
また、額のたるみで作られたまぶたの覆いを持ち上げようとおでこに力を入れ続けていると、額の横方向のしわがより深くなり、ますます老けて見えてしまいます。額の肌のハリを蘇らせ、明るく爽やかな表情になりたいと願う人には前額部フェイスリフトがぴったりです。

前額部フェイスリフト:一連の手順
前額部フェイスリフトは、頭皮に非常に小さな切開をし、眉毛および額の皮膚を引き上げるというもの。おでこのしわを取り除き目をぱっちりさせ、若さを蘇らせることができてしまうのです。
さらに狭い額の人は手術後に額が大きくなり知的に見えるようになりますが、逆に
おでこが広い人が前額部フェイスリフトをした場合、額は大きくなりすぎかえって老けた印象になりがちです。私はそれが好きな人のために、ヘアラインで肌を挟む手術を勧めます。
前額部フェイスリフトにどうしても抵抗がある方は、アプトス法という施術でおでこのタルミをリフトアップすることもできます。
各患者の瞼のたるみ、眉の形や高さ、額に刻まれた横皺の深さ、おでこの広さ等などを吟味したうえで最も適切であると考えられる手法を選択してください

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •