•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


バッグ式豊胸手術

<東京・30代・都内美容外科スタッフ>
1.カウンセリングおよび術前検査
診断に基づいて、専門の医師との話し合いで最適なバッグ式豊胸手術が決定されます。
ポイント1・各人に適した手術を行うために、身体の約20項目のデータを詳細にチェックする
ポイント2・患者一人一人の要望に応じてベストなバッグと手術方法をピックアップします。
ポイント3・血液検査を事前に行い、健康状態を検査する。

バッグ式豊胸手術前にはカウンセリングおよび検査を必ず受けてください。カウンセリング時には、現在の乳房検査だけでなく、胸部・身長・体重・・全身およそ20項目にわたる詳細なデータを採取します。この結果に基づいて、患者と一緒に希望に応じた最高のバッグと手術方法を決定します。手術法や手術後の経過を説明した後、血液検査を行い、患者の健康状態をチェックし、徹底的なシステムを準備します(血液検査、X線検査、心電図検査に加えて、患者の過去の病歴および健康状態に応じて尿検査を行うことができます)。

2.乳房インプラントとインプラントのヴァリエーション
安全性、快適性、形状など、さまざまな観点からバッグを選びます。
バッグ式豊胸手術では “インプラント”という人工乳腺を挿入してバストアップを目指します。この人工乳腺は “シコンバッグ”とも呼ばれ、液体またはゲル含有物の強力なシリコンでできています。日本のでは現状数種類のシリコンバッグをバッグ式豊胸手術で使用することができ、内容物の種類に応じて3種、表面の形状に応じて2種類、あわせて6種類にカテゴライズされております。

3.バッグ式豊胸手術・インプラントを挿入する2つの方法
インプラントは大体腋の下から胸部に挿入されます。乳腺の下層には「大胸筋」と呼ばれる筋肉があり、さらにその下には小胸筋と肋骨があり、症状によっては乳腺下に置く方法や、大胸筋の下に置く2つの方法があります。
・大胸筋下法
利点=薄い乳腺と皮下脂肪を持つ人(俗に言う「まな板胸」)に適しています。バッグシルエットが出てきにくいことも魅力ですね。また胸の谷間がはっきり出ます。
注意点=手術後1週間ほど、筋肉痛に類似した痛みが出ます。
・乳腺下法
利点=より少ない痛み、もともとある程度胸が大きい人ならとてもナチュラルなシルエットが完成します。
加齢や授乳によるバスト垂れ下がりの改善にピッタリの方法です。
注意点=乳腺や皮下脂肪に乏しい人が入れると、バッグのシルエットが見えやすいのが難点。

私たちのクリニックのバッグ式豊胸手術では患者自身の胸の形状に合わせた挿入方法について、各患者の胸部の解剖学的な違いを丁寧に判断して念入りに検討します。したがって、手術前のカウンセリングや診察は欠かせないものです。

バッグ式豊胸手術の麻酔に関して
無痛かつ安全な麻酔を行います。
ポイント1・全身麻酔または弛緩麻酔を併用します。
ポイント2・睡眠中に手術が終わり、手術中は全く痛みを感じません。
私たちのクリニックでは、全身麻酔やリラクゼーション麻酔を併用しています。麻酔法の選択は医師または麻酔医の判断によりますが、どちらの麻酔法を選択しても睡眠中に手術は終了します。勿論手術中に痛みを感じません。
※手術中一時的に覚醒してサイズや形状を患者が確認できる麻酔法を行うクリニックもあるようですが、はたして麻酔が効いた酩酊状態で正確な判断が下せるのかはなはだ疑問が残ります。

5.術後経過に関して
フルアフターケアシステムで精神的および肉体的に患者を全面的にサポートします。
手術後24時間~48時間までは、しばしば比較的強い痛みを感じるようです。インプラントを大胸筋の下に挿入すると、痛みは乳腺の下に挿入された場合よりも幾分強くなる傾向があります。痛みの状態に応じて鎮痛作用をもつ内服薬や座薬を処方することができます。
約3日~1週間ほど、血腫形成を防ぐため胸部に強い圧迫固定を施します。仕事がデスクワークなら数日後には戻ることができるでしょう。ちなみにインプラントの挿入口であるワキの下の抜糸は、約1週間後に予定されています。
現在のバッグ式豊胸手術では表面に小さな凹凸を有するざらざらしたテクスチャタイプのインプラントが主流であり、この場合マッサージは基本不要となります(もちろん行っても問題ありません)。以前はマッサージをせずにいると、拘縮がおよそ20〜25%の確率で発生していましたが、今はかなり改善しました。
当クリニックではバッグ式豊胸手術後1年間無料診断を行いアフターケアをフォローしています。手術後の最初の6ヶ月の間、2ヶ月に1回の割合でフォローアップ観察および定期検査のためにクリニックに来院してください。もちろん乳がん検診も提携先の病院で実施しています

※上記「バッグ式豊胸手術」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •