•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


額リフト

<東京・20代・都内美容外科勤務>
額のしわを取り除きたい!額リフトの内容と注意

額のしわ
髪の生え際や頭皮を切開する手術のために、傷・後遺症・ダウンタイムなど色々な点が心配で、多くの人が「前額リフト」躊躇するかもしれません。
そこで前額リフトの内容や危険性、手術の予防措置について詳しく説明しようと思います。

前額リフトの外科的内容は何ですか?
前額リフトの持ち上げ方法は、大きく分けて①ヘアライン際切開法②冠状切開法③内視鏡法の3つの方法があります。
ヘアライン切開法では、ヘアラインの際を切開して剥がし、だぶついた皮膚を切除する方法です。
冠状切開法は、頭頂部領域の頭皮を解剖によって片方の耳を起点にもう片方の耳までの範囲を切開し、余剰皮膚を切除する方法です。
ヘアライン切開法および冠状切開法の両方において、クリニックまたは外科医によって短く切開されることがあります。前額(額)の横方向のしわおよび眉間の縦方向のしわをなくすために、切開および筋肉の除去を行うことがあります。
内視鏡法では、髪の毛や頭皮のいくつかの箇所で切開を行い穴を開け、内視鏡を挿入し皮膚の剥離と持ち上げを行い筋肉治療を行う方法です。切開する範囲が狭く傷跡が目立ちにくく、手術後の腫れが生じにくいという特徴があります。しかし、その効果の点では、一般に、皮膚切除を行う外科手術方法がより効果的です。

前額リフトの影響
1つの理論によれば、眉の位置は年齢とともに徐々に低下し、それに応じて眼瞼が降りてくる人がいるとのことです。それで目が開くのが難しいと感じたら、無意識のうちに眉毛を持ち上げて目を開けます。眉毛を上げると額にしわができ、それが習慣になるとシワが額に刻まれることになります。
前額リフトは、主に、額のしわおよびたわみ、および弾力性の欠如に関係する手術なのですが、眉の下垂および瞼のたるみを排除する目的でも行われるのです。

額リフトの手術時間、ダウンタイム
医院、施術方法、範囲等により様々ですが、手術時間は1時間から2時間程度です。
手術後の腫脹の程度に個人差がありますが、ほとんどの場合、約3日間で強い腫脹が治癒します。手術後約3日でガーゼが交換され、約1週間でステッチングを行います。手術後に包帯や特別なバンドを取り付けます。
シャワーは翌日から、入浴やシャンプーは3日後からできますが、仕事など日常生活に戻すには約1週間から10日かかります。皮膚の下に生じた内出血の完全な回復には2〜3週間かかるでしょう。

医者が見た額リフト
これは、額の持ち上げについてよく言われることですが、実際の状況はどうでしょう?また、額の持ち上げを受けたときの注意点についても心配でしょう。この問題を解決するため、ドクターに詳細な説明をお願いしました。
外科医や美容外科医として、眉の切開などの目の痛みの治療経験が豊富で、日本でもタトゥー除去手術などの専門技術を持っている医師です。

額リフトの傷跡
Q:頭が長く切開され、額が広く剥がれることも多い額リフトの傷跡は本当に目立たないのですか?
A:切開後の傷跡は白く線状のままです。肌色の白い西洋人の場合は目立ちませんが、東洋人の肌色かつ黒髪なら西洋人よりも目立つものがたくさんあります。
また、テンプルリフトにも共通する点ですが、ヘアラインやヘアラインをカットして剥がして余分なスキンをカットして縫う作業をすると、ヘアラインの位置がずれてしまい、ちぐはぐなパッチワークの形になっているかもしれません。さらに毛根はが切開または縫合によって損傷し、脱毛が起こることもあります。

Q:手術直後の腫れや内出血はどうですか?
A:医療行為などによる生体への傷害は「侵襲的」と呼ばれていますが、額リフトは広範囲の皮膚を取り除く手術のため侵襲的に重度に侵入する手術です。したがって、手術後には腫脹が起こりやすく、適切な痛みを覚悟する必要があります。
前額リフトによる有名な合併症として末梢神経障害があります。この部分の末梢神経が詰まっていると、時には臭気のある非相溶性、痛み、しびれ、かゆみが残ることがあると言われており、そのような相談が実際に多くよせられている印象があります。

額リフトの効果について
Q:額リフトは危険な手術だと思いますが、その効果はどれくらいですか?
A:もちろん、額のたるみと眉の垂れ下がりを改善するという観点から、額の持ち上げの効果は期待できます。しかし、額やたるみやしわに対しては効果的でない場合があります。
さらに、額に刻まれたしわは、額自体よりもむしろ瞼のたるみのような症状によって引き起こされることがあるのです。最初は、「額リフトは老化による眉の位置を下げる」と思われますが、実際には、眉の位置が年齢とともに低下するのではなく、上がっている人のほうがはるかに多いようです。
まぶたの垂れ下がりやまぶたの引っ張りによってまぶたを開けることが難しく、無意識のうちに目を大きく開けて眉を上げます。眉毛が上に上がった場合、しわがあなたの額に深く刻まれ、習慣になると目立つ深いしわになります。
このように、瞼のたるみや眼瞼下垂のため額に側皺が形成されている場合には、額リフトでは十分な効果を感じることができないケースは珍しくないのです。

眉の切開(眉の皮膚切除)
前額リフトと同様の効果を目指した手術として、眉に切開と呼ばれる手術(眉の皮膚切除)があります。眉毛を上げる効力はなかなかであるものの、眼瞼のたるみをなくす働きはいまいちであり、なおかつ傷が目立ってしまうという欠点もあります。
したがって、眉毛切開は、顔面神経麻痺が左右の眉の位置を著しく非対称にするときに、倒れている側の眉毛を引き上げる目的で主に行われるくらいです。

額に刻まれたシワの解消に適した治療

Q:額しわを改善したいのであれば、どのような手術が効果的ですか?
A:まぶたは額のしわに深く関わっています。重度の眼瞼下垂が内面から発症した場合、まず眼瞼下垂を適切に治す必要があります。眼瞼下垂を治療するにはさまざまな方法がありますので、医師に相談し、あなたのために適切な方法を選択してください。
瞼の上側(眉毛側)を切開し、瞼の下方部(まつ毛近辺)に切開を加えることにより、比較的軽い程度のまぶた皮膚のたるみを除去する施術法が存在します。私のクリニックでは、眉毛を切開する眉下切開と呼ばれる方法をしばしば行います。眉下切開は非常に効果的であり、まつげの側を切開するのに比べて自然な仕上がりが特徴です。
また、まぶたがたるんでいる場合は、「Müller筋肉」と「まぶた筋肉エコー」(癌ブレイク)の筋肉に余分な負荷がかかり、まぶたを開閉して緊張状態になります。ミューラーの筋肉は自律神経を制御するので、ミューラーの筋肉が緊張すると自律神経が常に刺激され、肩こり、頭痛、めまいなどの症状が現れます。
眉毛切開下(眉毛持ち上げ)をすると、目を開くのが物理的に楽になり額にしわができるのを防ぐだけでなく、ミュラー筋の緊張状態がやわらぐことによって、頭痛・肩コリといった諸々の症状も緩和されます。苦しみ、肩こり、頭痛、めまいなどがない人は治癒できないため、まぶたの弛緩が原因である可能性がありますので、専門医のカウンセリングをお勧めします

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •