•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頸部リフト

<東京・30代・都内クリニック勤務>
頬と首の顔の持ち上げ
「老けるにはあまりにもいくらなんでもまだ早い」
「私は10歳くらい若返りしたいと思っています。毎日鏡を見てため息ばかりついています」
「老化にともない肌がたるんで正方形の輪郭になってしまいました」

ためにし自分の指で頬の皮膚を持ち上げてください。
指で持ち上げて長方形の輪郭が解消した場合は、頸部リフトが適しています。しかし、頬の中央部分を指で上げると、たるみが簡単に消えるので、多くの人が単純な手術で大きな若返り効果がでると錯覚しがちですが、実際にはそれほど単純な手術ですむというわけではありません。
「以前別の病院で顔を上げましたが、最も懸念されていた口のそばのしわやたるみはまったく改善がありませんでした」 「私は他の病院で顔を上げましたが、すぐに前の状態に近い状態に戻ってしまいました」
こんなことではせっかく頸部リフトをやっても意味をなさないです。

フェイスリフト方式
フェイスリフトは、剥離範囲、SMAS(表面筋膜)治療法、靭帯治療法、耳周囲の切開線、皮膚のトリミング法などが違う色々な方法がある。
頬のたるみを心配している人の大半は、鼻唇溝(法線)、マリネットラインなどの鼻、口のそばのしわ/垂れ下がりに大部分が関係しています。
フェイスリフトは耳の前から近づくため、頬骨が高くエラが張り出していて、太く重い肌や皮下組織を有する東洋人は、西洋人の骨格や肌の特徴と比べてリフトアップしにくいことが多いのです。このようなアジア人にとっての不利な条件の下では、頬に存在する靭帯をリフトアップの補助に持ち込むことによって、「患者の理想」および「手術効果」に最も近いアプローチとなります。

頬には多くの靭帯があり、骨や皮膚などの深い組織は鎖のようにしっかりとつながっています。このチェーンが取り外されない限り、頸部リフトなどをやっても十分に持ち上がることはありません。したがって、一旦靭帯が切断されると、可動性が獲得され、新しい位置に持ち上げられ再調整しやすくなるのです。
皮膚切開だけでつり上げて縫合しても、引っ張られた皮膚を支えることに限界があるので、支持組織として靭帯を再利用するのが効率的なのです。 SMAS側に引っ張られた位置に分離された靭帯を固定することにより、切開部の張力が緩和される。その結果、切開部に負担をかけることなく、初期段階からスクラッチが目立たず、効果の持続性が飛躍的に向上することとなります。
フェイスリフトと呼ばれる手術はどのクリニックでも行われますが、この技法によって効果は大きく異なります。

●従来の方法では困難だった口の脇のシワや垂れ下がり、難しい鼻孔溝(法線)、マリネットラインなどの鼻などに一定の効果をもたらします。
・支持組織として一度靭帯を分離したうえで再度固定することにより、切開部に負担をかけることがなく、早いうちから傷が目立たなくなり、効果の持続性がとても向上します。
●切開部は、髪の内側から耳の形に沿って下方に移動し、輪郭に沿って自然に曲がり、耳たぶ部分に達し、耳の後部が耳の根元に沿って上昇し、ほとんど目立つことはありません。
●最先端の麻酔法で日帰りで頸部リフトができます。
●手術後の腫れを最小限に抑えるため、内科の処方、顔の包帯などの完璧なアフターケアで早期の社会復帰を行うことができます。
●手術後、縫合部位にテープ固定があり、圧迫された包帯圧はありません。
私たちは他の病院で行った頸部リフトの修正手術も受けつけています。最後の手術を確認し、あなたの要求に応じて手術方法を提案します。
●完璧な医療機器(大学病院に匹敵する手術ルーム、治療機器)・美容整形技術(主要な症例の多い医師)・クリニックスタッフにより頸部リフトを受けることができます

※上記「頸部リフト」は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •