•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


<名古屋・20代・元美容外科カウンセラー>
こめかみリフトとはいかなる手術か
人によって差があるものの、40歳前後から老化によりまぶたや目の外側の角に弛緩を引き起こします。目の角がたるむと実際の年齢よりも年上に見える傾向があります。このようなトラブルを解決することができるのがこめかみリフトとなります。
こめかみリフトは、まぶたや目の外側のコーナーなど、目全体のたるみを解消する操作です。テンプル部分のヘアラインを切開し持ち上げるという手法をとります。

こめかみリフトの特性
目元のたるみを気にする人、ちょっとだけ目尻を上げたい人におすすめの手術法です。作業時間は約2時間であり、局所麻酔だけなので入院は必要ありません。
手術後の腫れはあまり目立たたず、所要時間は約2時間、ダウンタイムは約2〜3日である。髪が長い人ならほとんどわからないでしょう。

こだわりのこめかみリフト
目の若返りに適しています。ダウンタイムはほとんどなく、傷は分かりません。
手術の効果はテンプル部分が指で引き上げられたという感じです。切開は基本ヘアラインで行いますが、ヘアラインに沿ってジグザグに切開することによって創傷ラインがばれることはほとんどなくなります。髪の毛で隠すことが出来る方も多いでしょう。
目の若返り手術には、こめかみリフトと下まぶたのたるみを取り除く手術の2種類がありますが、こめかみリフトは傷跡の目立ちにくさの点が長所となります。
切開を少なくしてまぶたと目の角のたるみをなくしたい人、特に目の外側の角の周りのシワに悩む人に適した手術です。

1週間後の抜糸が必要です。
麻酔/局所麻酔
サステナビリティ/ 4〜5年
洗顔/翌日にできます
シャワー、お風呂/首から下のシャワーは翌日から可能です。シャンプーは2〜3日経過後
化粧は次の日から可能
治療代
こめかみリフト(1回)¥500,000

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •