•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術脂肪注入・コンデンスリッチ法

<佐賀・20代>
コンデンスリッチ法は定着率が上がります!
従来の豊胸手術脂肪注入は採取した脂肪をそのまま残しているため、定着率が悪く、40〜50%程度と言われていた。
死活細胞などの不純物も一緒に注射されたので、しこりなどの後遺症を引き起こすリスクは高かった。

しかし、不純物を除去するコンデンスリッチ法では、上記のように1.5〜2カップのバストアップが期待でき、定着率が約80%に向上することも期待されており、術後の状態は長く保たれています。
しかし、シリコンバッグの挿入方法に比べて、確実性は劣り、効果に個人差があります。手術の直後だけでなく、時間の経過ごとに見た症例の画像を確認し、医師の意見を得ながら最適な方法を選択することが大切です。

豊胸手術脂肪注入・コンデンスリッチ法の手術後の注意点・・
脂肪注入豊胸後は以下の点に注意しましょう。
シャワー/ 3日目からOK(手術部を濡らさないなら、シャンプーなどは翌日からOK)
入浴/約1週間後OK
腫れや痛み/腫れは最長で約1ヶ月です(吸引部)。約3日間の筋肉痛のような痛みあり。
激しい運動/約1ヶ月間は控える。
ブラジャーの着用/約1ヶ月間はお控えください。(ワイヤー入りのブラジャーは約3ヶ月やめておく)

コンデンスリッチ法では脂肪吸引部位を2〜3日間圧迫する必要がありますが、事務的作業のような肉体的負担が少ない仕事の場合は、その状態が良好であれば翌日から働く人もいます。
外科手術の3日後、1週間後、1ヶ月後など、病院の診察や相談が必要な場合が多いので、自己判断でパスしたりせず医師に相談してください。
また、定着率が低下する恐れがあるため、手術後約1年半後にはダイエットは控えるのが良いと言われています。
また、バストに圧力をかけるのは良いことではありません。ダイエットで注入した脂肪を減らさないように注意してください。

定着率が向上した脂肪注入豊胸であれば、自然な心地で満足度を向上させることができます。
豊胸術にはさまざまな種類がありますが、自然な感じにこだわるなら豊胸手術脂肪注入が最適です。
以前の豊胸手術脂肪注入では脂肪が身体に吸収され、効果が長く持続しない場合がありましたが、コンデンスリッチ法であれば80%が定着が確立されると言われています。 それは効果の持続時間と外観および感触に関して優れた豊胸方法ではありませんか?
しかし、体内から脂肪を吸入しなければならないため、バストだけでなく吸引部にも負担がかかる。簡単な方法とは言えないので、実施前によく考えてくださいね

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •