•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術脂肪注入・セリューション法

<長野・30代>
コンデンスリッチ法とセリューション法の違い・・
前述したように、進化した豊胸手術脂肪注入は主にコンデンスリッチ法とセリューション法がありますが、その違いを詳しく見てみましょう。
それらの違いは、成長因子を含む脂肪幹細胞を混合するかどうかである。脂肪幹細胞が含まれていると、注入後の幹細胞の作用により新たな脂肪を作ることができるので、より高い効果が期待できる。
しかし、セリューション法は幹細胞抽出のために採取した脂肪の半分を使用するため、バストに注入できる脂肪の量が減少するという欠点がある。
セリューション法では定着率はやや高いと言われていますが、それほど差はないと言えます。しこりなどのリスクが低下する点は同じであるため、経費について説明している施術の種類ごとの費用を参考にして、料金などの判断を総合的に判断することをおすすめします。

どこからどのくらいの脂肪を集めることができますか?・・
豊胸手術脂肪注入では、体から吸引することによってバストに注入される脂肪をまず採取する必要があります。
あなたのお腹や太もものみならず腰や腕などに脂肪がある場合、様々な部分から脂肪を収集することができます。

私は自分の脂肪を使うので、自然な感触のバストになることを可能にし、贅肉を気遣う人には形も整えることができる、一石二鳥の方法です。しかし、逆に脂肪が少ない細型の人にとっては、必要に応じてサイズアップすることは不可能かもしれません。

豊胸手術脂肪注入の実際の流れを見てみましょう。
脂肪注入法の動作は以下のような流れで行われる。
カウンセリングにおいて脂肪の吸引する部位と吸引量を決定する。

麻酔する。

脂肪吸引をする。

脂肪から不純物を除去し、操作方法によっては濃縮し、幹細胞を抽出し、混合する。

注射器でバストに注入する。

基本的には局所麻酔で行われますが、人によっては全身麻酔を行うことがあり、脂肪吸引と注射部位の両方のケアが必要なため、それほど負担がないわけではありません。
また、脂肪を吸引部分がたくさんあると、時間と負担がかかります。しかし、入院は必要なく、日帰りで治療を受けることができます。

コンデンスリッチ法の場合、定着率は上昇します。
手術後の注意点としては・・
最後に、手術後の注意点について説明します。豊胸手術後の人生をしっかりと想像して余裕のあるスケジュールで手術を受けましょう

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •