•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


上下顎前突症・治療法

<東京・20代・美容外科勤務>
上下顎前突症手術の方法
・ワスムンド法
Theme=上下顎前突症・治療法
上下顎前突症は上顎の前歯部(左右の犬歯間)を後方移動(セットバック)させる代表的な外科手術の一つであり、前歯部の傾斜角度を変更することも可能である。手術部位は口腔の前部であるため手術が容易で大臼歯(臼歯)の咬合は変化しないので一般的に美容外科手術で適応されている方法である。しかし、ルフォーⅠ型骨切り術のように、上顎骨全体を前後左右に上下に動かすことはできません。
[1]左右の第1小臼歯を抽出する。
(抜歯。)
[2]左右の第2小臼歯と前鼻棘部の粘膜を開き、骨切り術を行う部位の粘膜を剥がす。
[3]矢状鋸、往復鋸などを使用して手術前に設計された部分の骨を取り除く。
[4]上顎前歯の骨片を後方に動かし、チタン板を用いて手術前に予め設定した位置に固定する。補強固定のために、左右の犬歯と第2小臼歯をワイヤでライゲートする。
精密骨モデルに取り付けられたチタン板とプラスチックシーネを手術前に取り付けることで、正確な位置に固定することができます。

・上下顎前突症 ケレ法・・
Theme=上下顎前突症・治療法
この上下顎前突症解消術は、下顎前歯部(左右の犬歯の間)を下顎骨から分離することによって、後退(セットバック)、前進、挙上、低下を行うことができる操作である。ワスムンド法のように操作が容易で、臼歯部(後歯)の操作も変わらないので一般的には美容外科手術でよく使われますが、下顎全体をSSROやIVROのように動かすことはできません。
[1]左右の第1小臼歯を抽出する。
[2]左右のイヌ歯と前歯の粘膜を開き、骨切りが行われた部分の粘膜を剥がす。
[3]矢状鋸、往復鋸などを使用して手術前に設計された部分の骨を取り除く。骨の切除は、神経神経の近くのソノペットと呼ばれる超音波切断器具によって神経が影響されないように注意深く行われる。
[4]下顎前歯部骨片を後方に動かし、チタン板を用いて手術前に設定した位置に固定する。
補強固定のために、左右の犬歯と第2小臼歯をワイヤで結紮する。上顎と同様に、手術前に精密骨モデルに取り付けられたチタン板とプラスティックシーネを装着することで、正しい位置に固定できます。

・歯列矯正治療
Theme=上下顎前突症・治療法
上下顎前突症の手術をするのが怖いですが、口元を整えたい人にはおすすめです。
矯正ブラケットを介して歯列矯正用ワイヤを歯に取り付け、徐々に歯を動かすことによって、口の突出を改善する方法である。一期に口元を口を治すことは不可能ですが、上下の前歯部分を後方に動かしながら全体として美しく歯並びを配置することは可能です。手術の腫れによるダウンタイムはありません。
歯の整列と歯の大きさによっては、通常、上下の第1小臼歯を抜歯して歯を整列させ、歯列を整列させながら前歯部を後方に移動させる。口を開けるときに矯正器具が目立たないように、白い線または透明なブラケットを使用できます。ケースに応じて、装置を歯の後部に取り付けることができます。
[1]左右の第1小臼歯を抜歯する。
[2]前歯部の歯の位置をゴムバンドまたはスプリンングで調整しながら、後方に後ろに引っ張ります。平均1年程度で移動が完了します。その後、透明なマウスピースのような固定装置を移動期間と同じ時間に設定し、治療が完了する

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •