•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎前突症

<名古屋・20代>
下顎前突症よは、咀嚼時には、上の前歯より下の前歯が突出している状態で反対咬合とも呼ばれます。下顎前突症の典型的な治療として、下顎分節骨切り術が行われています。左右の最初の小臼歯を抜き取り、根元の骨を削り取って、前歯6個を引っ込め、チタン板で固定します。通常、歯科矯正治療では2〜3年かかりますが、短時間手術で反対咬合を改善することができます。下顎が突出している場合は、顎が長い人が多いので、同時に下顎を短縮することも可能です。

適応するタイプ・・
・短時間で下顎前突症を治したい。
・矯正以外の方法で受け口を治したい。
・しゃくれと同時に顎を短くしたい。

下顎前突症(反対咬合・受け口)・・
上の前歯より下の前歯が突出している咬合を、反対咬合(受け口)と呼びます。
治療の選択肢として、外科的治療(矢状分割術、分節骨切り術)および非外科的治療(歯科における歯列矯正)があります。

下顎前突症の矯正歯科・・
上下の歯を個別にかみ合わせるのに最適な治療法です。反対咬合は、普通、約2年間の治療期間を必要とします。しかし、歯列矯正のみでは外観に限界があり、下顎の歯槽骨が後退しないので、受け口の状態はそれほど変わらない。また、オトガイ唇溝(下口唇の下のくぼみ)は浅いままであり、下唇は突出している。

下顎骨分節骨切り術・・
下顎前突症による反対咬合の代表的な治療法として、「下顎骨分節骨切り術」が挙げられる。この操作の概要は、反対の咬み合わせは主に左右の4つの歯、すなわち8つの前歯でおこっています。そこでは、両端で4番目の歯に歯抜きが行われ、3番目と5番目の歯の間に隙間を生じさせ、残りの6個の歯が後退させる。通常の歯列矯正で2〜3年かかる反対咬合問題は、1時間30分の手術で改善されます。

下顎骨分節骨切り術のメリット・・
①手術は短時間(約1〜2時間)で完了し、入院の必要はありません。
②5番以降の奥歯の状態は変わらないので、翌朝から食べることができます。
③手術後の下顎前突症改善のための矯正は必ずしも必要ではない。

下顎骨分節骨切り術のデメリット・・
①3本と5本の歯の間に隙間ができます。目立つこともあり歯科治療が必要な場合もあります。セラミックブリッジ、歯列矯正などの治療法を選択します。
②正面の歯を一つずつ見ると、咬合は完全ではない。それは、塊として適切な位置に後退させる外科手術の限界である。その意味では、手術後に歯列矯正を行うのが最良の治療であるといえる

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •