•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎前突症・ブログ

<千葉・40代>
実際の下顎切除術・・
Theme=下顎前突症・ブログ
術前セファロ(レントゲン写真)、歯列模型による詳細計画が必要です。多くの場合、オトガイの突起が合併し、その場合にはオトガイ後退、同時に収縮、下顎全体(ゴシップ)を後退させます。

切開・・
Theme=下顎前突症・ブログ
粘膜切開および剥離予定部へのエピネフリン添加局所麻酔薬の注射。
両側4~4番まで下口腔前庭粘膜に水平切開をして、第4の歯に沿って歯槽骨部分の粘膜に縦切開を行う。垂直切開と前の横切切開を接続します。

剥がす・・
Theme=下顎前突症・ブログ
切開部から粘膜骨膜弁をはがす。オトガイ部の剥離は、神経血管束を損傷することなくオトガイ孔を確認する。

抜歯・・
Theme=下顎前突症・ブログ
骨切り術に先立って、両側に4番目(小臼歯)が抜歯される。

骨切り術・・
Theme=下顎前突症・ブログ
粘膜剥離を使用して縦骨関節に対応する部分の舌側歯肉骨膜を剥がし、3mmラウンドバーで骨切断ラインの両側の歯根を損傷しないように骨切り術を行う。
オトガイ部分の水平骨切り術線は、根元部分の最長の根頂点(No.3)から5mm以上離れた位置に設定し、矢状鋸で水平骨切りを行う。垂直骨切り術ラインと水平骨切り術ラインとの間の接続は、薄いフィッシャーバーで骨を十分に切断し、骨切りセグメントを可動化することによって行われる。

骨切り術後の調整、歯牙結紮・・
Theme=下顎前突症・ブログ
垂直骨切り術で過剰な骨を削除して調整し、細い骨バーで目的の咬合が得られるようにします。操作前のモデルで期待される咬合状態が合理的に得られたことを確認した後、それを結紮し、0.4mmの鋼線で歯に固定する。

⑥プレート固定・・
Theme=下顎前突症・ブログ
次に、チタンマイクロプレートで骨片を固定する。セグメントの移動後、オトガイ部の間隙にオトガイ下縁部からから集められた小さな骨片を調整して挿入します。

⑦閉創・・
Theme=下顎前突症・ブログ
粘膜骨膜弁を閉鎖し、縫合糸で閉じて、手術を終了する。

2)手術後のケア・・
Theme=下顎前突症・ブログ
粘膜手術時には、3本と5本の歯間を固定しました。このワイヤーを3〜6ヶ月後に取り外します。
さらに、歯の隙間を心配している人は、術後初期に一時的に仮歯を作って埋めることによって、それを完全に目立たなくすることができる。
歯科矯正は、骨形成が骨切り術の隙間で終了した後に行われる。歯列矯正したい場合は、訪問時に詳細をお尋ねください。

ポイント・・
Theme=下顎前突症・ブログ
矯正には通常1〜2年かかりますが、下顎分節骨切り術は1日で咬合を治すことができる手術です。
額から鼻、口、顎までのバランスをとることが重要です。理想的な輪郭を表す審美三角に基づいて、それぞれを診断し、設計します。上顎自体が引っ込められている場合、上顎分節骨切り術を用いて上歯を前進させることも可能である。手術の前に、セファロ(頭部X線規格写真)、歯列模型で詳細な治療方針を確立します。
下顎が前突している場合、顎の長さ(顎)を気にする人がたくさんいますが、同時に短縮することができます。
上下の歯をワイヤーで結ぶ必要がないので、熱い物、刺激物、硬い物を1〜2週間は避けて、翌日から通常の食事を食べることができます。
これらは口の中からの操作なので、傷跡を見ることはできません

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •