•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ整形

<埼玉・20代・美容外科勤務>
エラ整形とは何ですか?・・
それは顔の輪郭のラインを懸念している人、特に四角い輪郭から顔面のエラが張っているのを切り取り、卵形の輪郭に切り換えたい女性に勧められる美容整形手術です。

エラ整形の特徴・・
エラ整形は、口腔の後部および下歯茎に約3cmの切開を入れ、骨膜の下で剥がし、エラ骨を切断する外科的方法である。視野が狭いため、内視鏡やオシュレーターと呼ばれる専用の電気鋸が必要なツールになります。全身麻酔下での手術のために、患者は非常に痛みなく手術を受けることができる。

エラ整形手術の概要・・
正確な手術を行うために、操作前に3DCTスキャンと呼ばれる顔面骨の骨格を正確に立体視するための検査を行います。これにより、個人の願いに応じて正確にえら骨きりを行うことができます。
また、手術は全身麻酔で行われるため、患者は痛みを蒙らない。
それは美しい小さな顔に変わります。なぜなら、それはえらの張った将棋駒のような正方形の輪郭から明確な卵形の輪郭に変わるからです。それは女性だけでなく男性のためにも穏やかな印象を与えます。

エラ整形の手術時間と術後の経過・・
えら削り手術は全身麻酔の準備を含めて約3時間かかります。
麻酔から起きると、病室に移動して入院します。
術後の痛みは薬などによって軽減されます。
手術の翌日に退院しますが、圧迫包帯を顔の周りに包んで、退院後3-4日間頭を巻いています。
ドレーン(手術創に蓄積した液体を吸引する細い管)を退院時に引き抜きます。
手術の4〜5日後に包帯を外し、シャンプーに行ってそのまま帰宅することができます。
唇の腫れが目立つので、マスクが必要です。唇の腫れ(たらこくちびる)は約10日間続き、比較的早期に退きます。
頬とエラの腫れは、約3週間でかなり引いてきますが、完全に軟化するまでには約2ヶ月かかります。

エラ整形のアフターフォロー・・
病院から退院した後、うがい薬で念入りにうがいします。
お食事が柔らかい場合は特に問題はありません。軽い歯磨きも可能です。
包帯を除去した後、髪をシャンプーで清潔にし、入浴も自由におこなえます。
腫れが引き始まる2週間まで、うがいをして口の中をきれいにしましょう。
術後4〜5日目に包帯を外した後、2週間後の状態を観察し、2ヶ月後にチェックします。

エラ整形のメリット・・
えらの張りを心配している人には、エラ切りしかないですが、外からの前進(エラの周りの皮膚の切開)に比べて、外部には傷がなく安全な手術ができます。 。

エラ整形のデメリット・・
全身麻酔の合併症の可能性と手術後の約4日は、包帯で包まれて生活することが強制されます。
下膨れなどの顔面の腫れは、少なくとも3週間続けられる。
ときどき肌がたるむことがあります。その場合は、腫れが十分になった後にフェイスリフトが必要な場合があります。

エラ整形のための手術費・・
えら削り・骨切り(全身麻酔で1泊入院) =120万円
えら骨から下顎骨前方までの骨切り(全身麻酔で1泊入院)=160万円

エラ整形の詳細情報・・
治療時間/約3時間。
退院後の通院/治療の4〜5日後包帯除去。 2週間での状態観察。 2ヶ月で検診。
腫れについて/唇の腫れは約10日。約3週間の頬とエラの腫れ、完全に柔らかくなる2ヶ月。手術後2ヶ月は下唇から顎に痺れなどの感覚障害が現れることがありますが、自然に改善します。
カウンセリング当日の治療/できない。
入院の必要性/必要。
麻酔/全身麻酔

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •