•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アナトミカルバッグ・豊胸

<京都・20代・美容外科カウンセラー>
生理食塩水・・
Theme=アナトミカルバッグ
ヒトの体液と同じ浸透圧を有する「生理的食塩水」は、損傷を受けても安全であり、挿入のための狭い切開範囲を特徴とする。
シリコンタイプと比較して、タッチは「やや固い」ですが、体の形状や挿入する部分によってほとんど違いはありません。
寿命は約10〜15年です。
生理食塩水バッグは、内容物を包むフィルムが弱いという弱点があり、早い段階で何らかの損傷が起こる可能性がある。

シリコン・・
Theme=アナトミカルバッグ
コヒーシブシリコンバッグ、ソフトコヒーシブシリコンバッグ(感触が柔らかい)、メモリーゲルパックなどに代表される。
近年、形状記憶があり柔らかく手触りが良い「ソフトコピーシブシリコンバッグ」は人気です。
皮膜は生理食塩水やハイドロジェルタイプも強いので、豊胸バッグの寿命は約30年(約2〜3倍)であり、非常に長くなります。
しかし、老化によるバストの変化及び安全の観点からは、10〜15年に1回交換する方が安全です。

ハイドロジェル(PVP、CMCなど)・・
Theme=アナトミカルバッグ
生理食塩水とハイドロジェルの混合物である。
10年以上前、「心地よい、気持ちし柔らかい」と大きなブームになったが、壊れたときに炎症を起こしやすく、安全性に疑問があるため、現在ほとんど使用されていない。

自然なルックスは「形」にこだわりあり・・
Theme=アナトミカルバッグ
形には「ラウンド型」と「アナトミカル型」の2種類があります。
立っているときと横になっているときなど、豊胸バッグの内容と形が外観の印象を変えます。
最近では、ラウンド型とアナトミカル型の両方の性質を有するハイブリッド型(ラウンド型であるが、立っているとアナトミカル型になる)も出現している。

・ラウンド型豊胸バッグ・・
Theme=アナトミカルバッグ
ラウンドタイプの「円錐、円」は、あらゆる動きを処理できるオールラウンダーです。
豊胸バッグの挿入方法の欠点は、「寝ても形状を保ったままでは不自然な感じになること」ですが、寝ているときに豊胸バッグが丸型に広がるので、不快感はありません。

・アナトミカル型豊胸バッグ・・
Theme=アナトミカルバッグ
アナトミカルバッグの「涙、しずく」は、底部に膨らみがあるので、「バストの下部分、下乳」という部分の容積が大きくなるという特徴があります。
「固め」であるコヒーシブシリコンパックや生理食塩水パックの場合、丸型だと立ったときに「バストが重力に逆らっておわんの形を保つ」という不自然さが目立つので、アナトミカルバッグにした人は外観が自然です。
また、多くの日本人は、デコルテやバストの上部にはボリュームがないので、アナトミカルバッグを挿入すると、「たるんだバスト」が強調されることがあります。
アナトミカルバッグは、「豊胸バッグの内容物がコヒーシブシリコンまたは生理食塩水で固めである」、「もともとバストが多い人」に適しています

※上記は寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •