•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アシンメトリーバッグ

<大阪・20代>
人工乳腺の種類・・
Theme=アシンメトリーバッグ
人工乳腺には、シリコンバッグ、生理食塩バッグ、ハイドロジェルバッグ、CMCバッグ、コヒーシブバッグ・アナトミカルバッグ、アシンメトリーバッグ、など様々なバッグがあります。あなたの要求に応じてこれらの中から選びます。

シリコンバッグ・・
Theme=アシンメトリーバッグ
シリコンバッグ豊胸術用バッグとして、それは最も長い歴史を持ち、もともと世界中で広く使われていたバッグです。
それは非常に柔らかい材料であり、その自然な特徴は挿入後に不快感のないのが最大の特徴である。
しかし、1992年頃に米国FDAで発表された、バッグが壊れてシリコンの内容物が漏れた場合の安全性の懸念から、現在使用されている診療所はほとんどない。

生理食塩水バッグ・・
Theme=アシンメトリーバッグ
生理食塩水バッグは、浸透圧0.9%の内容物および生理食塩水を完全に無菌処理した生理食塩水を用いたもので、医療分野で頻繁に使用されている。
コンタクトレンズ液と同じですので、癌や自己免疫異常の心配はありません。
たとえバッグが何かで裂けることがあっても、人体に影響を与えずに豊胸手術を行うことができます。
しかし、感じがやや不自然であり、内容物(生理食塩水)が漏れやすく、マッサージが必要であるという点からほとんど行われていない。

CMCバッグ(カルボキシメチルセルロースバッグ)・・
Theme=アシンメトリーバッグ
CMCバッグ(カルボキシメチルセルロース)は、フランスのアリオン社によって開発された特殊なプロセスによって作られた継ぎ目のないシリコン製のバッグです。
CMCの組織構造は滑らかな動きを作り出し、従来のバッグに比べて触感が進化しており、外観だけでなく触感も考慮され、人間の乳腺組織に近いテクスチャーを備えています。
外科手術は変形しやすいので簡単ですが、内容が漏出した場合の安全性の問題から推奨されません。

ソフトコヒーシブバッグ・・
Theme=アシンメトリーバッグ
ソフトコヒーシブバッグは、人工臓器などの医療用製品に使用されるシリコン超薄型バッグであり、米国FDA認可の高安全性シリコンは結合状態(寒天状)で入っていて、シリコンバッグとCMCバッグの欠点を改善するバッグであり安全性の高いバッグです。
粘性のある状態で漏れる可能性のあるシリコンやCMCと比較して、ある程度硬化しており、バッグが破損しても内容物が漏れる心配はありません。
現在、このバッグは主流です。

バイオセルバッグ・・
Theme=アシンメトリーバッグ
バイオセルバッグは、アイルランドのマクガン社によって開発されたアメリカ厚生省(FDA)許可申請を取得したバッグであり、胸部形成の分野で高い技術力を持っています。
バリアコートと呼ばれる3層構造のバッグを作ることにより、従来の豊胸バッグと比較してシリコンの漏れを防ぎ、容易に引き裂かれない構造をしています。
さらに、表面は優れた組織適合性を有するテクスチャー加工により膜の拘縮を防止します。

メモリージェルバッグ・・
Theme=アシンメトリーバッグ
米メンター社のメモリージェルバッグです。
アメリカ厚生省(FDA)の許可申請書を取得したバッグです。
それは4重膜の外皮で覆われており、耐久性はさらに2つのメチル層で強化されています。
これはまた、メチル層の間のフェニル層を挟むなど、シリコン漏れを防止するためのバリア層でもあります。
また、肌触りも良好で、バッグの破損により内容物が漏れた場合、新しいバッグへの交換が保証されます。

アシンメトリーバッグ・・
アシンメトリーバッグは、フランス厚生省とEUの承認を受けた初めての乳腺下専用豊胸バッグです。
人間の胸は左右に異なる形をしていますが、従来のバッグは右と左の両胸に正確に同じ形状で左右対称でした。
左胸と右胸の形状が異なる左右非対称のアシンメトリーバッグを採用したアシンメトリーバッグは、胸の形が忠実に再現されるように、右胸用と左胸用があり、正面・横・下のあらゆる角度から自然な胸の形を実現しました

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •