•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Motivaハイブリッド豊胸・拘縮

<熊本・20代・美容外科勤務>
最近人気のMotivaハイブリッド豊胸について、またその拘縮について触れたいと思います。

ケラー・ファンネル(Feller Approved)とは何ですか?・・
・最近人気のMotivaハイブリッド豊胸でブレスト・インプラントを挿入する際、他の皮膚と接触しない無菌状態(上皮組織を拾わない)で容易に挿入することができます。
・切開部位の損傷を減らし、きれいに保つことが期待できる。
・挿入時にダメージを受ける組織の損傷を減らすことができ、カプセル拘縮のリスクを最小限に抑えることができます。
・治療時間を短縮することで、患者の体の負担を軽くすることができます。

Motivaハイブリッド豊胸のハイブリッドとは?・・
ハイブリッドは、パーフェクトインプラントと脂肪注入豊胸を組み合わせ、より自然な形とさわり心地に仕上げる豊胸術です。
身体が細い人でもより自然なバストを実現できます。
豊胸を望む人々は身体が細い可能性が高いので、どのバックを大胸筋下、大胸筋膜下、乳腺下に入れても、バックの輪郭が目立ち、必然的に不自然になることがあります。(もちろん、厚い胸の皮や脂肪が多い人は、このようなトラブルはありません。)
Motivaハイブリッド豊胸のハイブリッドは、バックの輪郭がはっきりと分かる部分に注射によって臀部と太ももの脂肪をその部分に入れます。
痩せていて、バックの輪郭がはっきりと分かってしまう人でも、バッグの端を脂肪で隠すことができ、より自然な形のバストを実現することができます。もちろんカプセル拘縮を防ぐアフターケアもかかせません。

Motivaハイブリッド豊胸のオプション(超音波処理)・・
バッグ豊胸施術後、生理学的現象として、異物反応がインプラント(乳房増強バッグ)に生じます。この時、インプラントの表面にカプセルと呼ばれる被膜コーティングが形成されます。このカプセルの拘縮により、インプラントは硬化、変形、肥厚することがあります。超音波治療による均一なマッサージは、カプセル拘縮を防ぐ。治療時間は左右両側で約5分です。
カプセルを薄く保つことで、柔らかい触感とバランスのとれた形状を保ちます。 豊胸術後に注意深くアフターケアを行うと、中程度以上のカプセル拘縮を防ぐことができます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •