•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


CRF注入法豊胸・しこり

<福岡・30代・美容外科カウンセラー>
CRF注入法豊胸の高い安全性・・
CRF注入法豊胸により従来の脂肪注入法に比べてしこりおよび脂肪壊死が起こりにくくなりました。脂肪注入豊胸術の最大の問題は、しこりまたは石灰化の発生です。しこりおよび石灰化の原因は、死んだ細胞および注入された脂肪中の老化した細胞です。また、不純物や処理中に汚染されたバクテリアやウイルスの感染による人体の健康に有害な可能性があるという大きな問題があります。
CRF注入法豊胸では、凝縮(濃縮)技術によって壊死する可能性のある死んだ細胞および老化した細胞は除去され、滅菌条件下で健康な脂肪のみが注入されるので、しこりおよび石灰化のリスクは抑制されます。また、脂肪吸引にベイザーリポを使用すれば安全性が高まります。CRF注入法豊胸は高い安全性を誇りますが、まれにしこりや石灰化が起こることがあります。

CRF注入法豊胸は身体への負担を軽減する・・
治療時間とダウンタイムは以前よりもずっと短くなっています。
脂肪注入の最良のサービスと言われている脂肪幹細胞注入は、脂肪の抽出から幹細胞の抽出および注射まで少なくとも6時間、長時間になると半日を要しました。そのため、長期間の麻酔、場合によっては採取と注入時の2回の麻酔が必要であり、体の負担が甚大でした。しかし、CRF注入法豊胸は短時間で脂肪を濃縮できる特別な装置を使用しているので、約2.5時間で治療を終えることができ、体の負担を大幅に軽減することができます。

CRF注入法豊胸と他の豊胸術との違い・・
高い定着量と安全性が増強されたCRF注入法豊胸ですが、従来の治療法と比べると良い点がたくさんあります。まず、SUB-Qに代表されるヒアルロン酸注入による豊胸は非常に意義があるが、カップ数は約0.5であり、持続期間は約2年であり、再度注入する必要があります。また、シリコンバッグによる豊胸は2カップ以上の乳房の拡大が可能であり、持続時間は長いが、人工物を挿入するために、X線に写ることや触感がよくないなどの問題があります。脂肪注入による従来の豊胸では、石灰化やしこり、脂肪壊死などの健康被害が問題になります。上記と比較して、CRF注入法豊胸は健康な自分自身の脂肪細胞を含んでいるので、安全性が高く、しこりや石灰化の確率が高く、持続時間が長く、高いデザイン設計自由度を有する画期的な豊胸術といえます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •