•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術

<埼玉・20代・一読者>
ただいまソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術を検討中です。そこで乳房インプラント手術を受けた人に質問したいことがあります。
私の胸は、まったく膨らみがないきわめて平坦な胸で、そのことが今でもすごいコンプレックスなんです。だから私は来月に乳房増強を受けることを考えているというわけです。
軽い気持ちで決めたというわけでは決して無く、実際約2ヶ月前にヒアルロン酸を注射する豊胸手術を受けてるんです。大学生になったのでアルバイトをはじめ、お金が結構たまったので豊胸がしてみたいと思いカウンセリングにいったところ、ヒアルロン酸注射をすすめられました。本当は今回と同じ(ソフトコヒーシヴ)シリコン豊胸手術をやるつもりだったんですが、まだ学生の内は整形ローンを組むのはお勧めしないと先生に言われたんです。また乳腺が傷つくおそれもあるからヒアルロン酸がいいと言われました。だからそのときはいったんソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術はあきらめたというわけです。
ヒアルロン酸注入の結果は散々でした。注射直後はまだ膨らみがあったんですが、やがってぺったんこになってしまったんです。しかもしこりのようなものができてしまうし・・。
結局、ソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術を受けなかったことに未練たらたらでした。手術後の激しい痛みの危険性や乳癌検診の難しさ、しこりなど、色々なリスクがあることは百も承知しています。
だけどこれだけは知っておきたいんです。乳腺が傷つくというあの医師の言葉に非常に関心があります。これは本当のことなんですか?
乳腺が傷つき、授乳ができなくなったり、乳がんにでもなってしまったらと思うとすごく不安になります。だけどそれでもソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術をあきらめることはできません。私は大きなおっぱいになりたいわけじゃなく、人並みになりたいだけなんです。みんなと同じように温泉に行き、ビキニを着て、かわいい下着を着て普通の生活をしたい。
少しでもうまくいくように、乳房拡張手術のアドバイスを何でもいいのでいただけたらとてもうれしいです。

<岩手・30代・ブロガー>
こんにちは。私はソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術をやってちょうど1年です。
ヒアルロン酸は、医者の単なる金儲けの道具です。乳房の増強にヒアルロン酸を使用することはけっこう危険です。ヒアルロン酸はお手軽にできてかなり儲かると、私の手術を担当した先生が言ってました。だからヒアルロン酸による豊胸は、私が手術した病院では行われていませんでした。ヒアルロン酸で胸を張ることを勧めてくるのは大抵は拝金主義のクリニックですね。
乳腺を傷つけるからソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術は危険だなんて、要はまともな手術をやるスキルすら持っていない医師のセリフです。名医であれば拘縮のであれば拘縮の確率だって0.3%未満であり、今どのくらいシリコンバッグの安全性が向上しているかを知っておく必要があります!失敗すると痛い医者に残さないということです…乳房増強時に乳がんの発見率が高い方がいいです!私は地方在住でしたが、新幹線で東京までやってきて手術したんです。安さばかりウリにするとこなんて結局手抜きですよ。そのかいあってか人生が本当に楽しくなった!豊胸で自信がついたので私はもっと綺麗になりたいです。

<神奈川・40代・一読者>
リスクを現実的に心配されているあいだは何もできません。
だから、もし皆さんがソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術について心配しているのであれば、生理食塩水バッグを検討してみてはどうでしょう?たとえ中身が漏れたりバッグが壊れたりしても、それは自然に体内に吸収されるだけです。
近年、外科的技術は非常に向上しています。もう一つは、必要以上に安い病院を避けることです。いくらかの経費を準備し、適切な手術を受けることです。
乳房の拡大で大きなおっぱいになれれば人生は変わります。私は今の自分の行動やたたずまいに自信があります。何にでも積極的になることができます。
私は生理食塩水バッグで乳房増強しています。すでに15年以上前のことです。今のサイズは大体EカップからFカップといったところです。人生が楽しいです。大きい胸を自慢することができますしね。

<大阪・20代・一読者>
ソフトコヒーシヴシリコン豊胸手術に興味があり、いままで真剣に悩んできました。しかし結局リスクが高すぎると思い諦めました。
豊かな胸を賞賛するのは女性としての自然な感情だと思います。しかし当然ながら多くのリスクもあります。それはお金がかかっていて、自身の身体の中に異物を入れることになってしまうので、体にとって悪いのは当然です。
シリコンバックが破損してバック交換なんてごめんです。乳がんのスクリーニングで、バッグがマンモグラフィーによって粉砕されて傷ついたときどうするんですか?

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •