•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


おとがい中抜き短縮

<東京・20代・美容外科勤務>
おとがい中抜き短縮の施術の詳細・・
口腔内を切開し、下顎を水平に切る(長い顎の場合は中抜きで下顎を短縮した後)、先端の骨片が前進した位置に固定する。骨を固定するには、チタン板とねじ、またはワイヤーを使用します。

おとがい中抜き短縮の麻酔法・・
全身麻酔

おとがい中抜き短縮のダウンタイム・治癒過程・・
ダウンタイムは個人差があります。
・腫れ
約2週間(3日目は腫れのピークです)
内出血や感染症の場合、腫れが長くなることがあります。
・内出血
細かい血管がおとがい中抜き短縮手術によって損傷された場合、それは皮膚の下に出血し、顎から首が紫色に変わるが、1〜3週間で消失する。
・抜糸
2週間目に口の糸を取る。
・ドレーン
血液の蓄積を防止するために、ドレーンを挿入してもよい。
通常、手術の翌日から3日目までにそれを取り除きます。

・洗顔・シャワー浴
おとがい中抜き短縮手術後の翌日から頸部から下て、ドレーンの翌日から顔や頭を濡らすことができます。

・メイク
ドレーン抜去後の翌日から可能です。

・歯磨き
手術の翌日から可能です。患部を傷つけないように注意してください。

・食事
手術の日から可能です。熱いもの、硬いもの、辛いものは約1〜2週間はお控えください。
噛むのが難しい場合は、固形物を3〜4日間控えてください。
2週間は、イソジンで食事後にうがいをしてください。

・通院
翌日・2日目(3日目)・手術1週間後・手術2週間後
完了
約6ヶ月

おとがい中抜き短縮の経過・・
むくみ= 3ヶ月〜6ヶ月
傷=傷は口腔にあるので、外観からは分かりません。手術後3ヶ月で傷口は硬くなりますが、徐々に硬度が改善されます。

おとがい中抜き短縮手術後に起こりうるトラブルと対処法・・
・喫煙について
喫煙は血液の循環を悪くさせるので、傷の治癒は悪化します。また、細菌が感染を引き起こす原因となります。手術後2週間〜少なくとも1カ月間禁煙してください。
手術後4ヶ月は腫れや炎症が残るため、傷がひどく残りやすく、癒着が強く変形が起こりやすく、原則として再手術には適していません。腫れや炎症が治癒して調整を行う4ヶ月後に判断を下すことになります

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •