•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ前進術

<神奈川・20代・元美容外科勤務>
後退した顎を前方に引き出すために、オトガイ前進術などの骨切り術を専門としない診療所では、シリコンインプラントのような人工物を使用するのが一般的である。シリコン以外の人工物としては、ハイドロキシアパタイト、メタクリル酸メチルを用いることができる。
顎をシリコンで前進させると、顎は手術後に正面で見ると長く見えます。手術前に顎の長さが35 mmを超えると、顎の先端が引っ込んでいたとしても、顎がシリコンを挿入すると長く見えることがあるので注意することが重要です。
オトガイが後退するにつれて正面顔には短く見えるので、実際の大きさを測定してから外科処置を計画しないと、きれいな顎のラインとなりません。
基準は、手術前の顎の長さが女性で35mm以内なら、骨切り術のオトガイ前進術でもインプラント挿入でもどちらでも用いることができます。一方、高さが36mmを超えると、オトガイ前進術骨切りが第一に選択されます。

骨切り術
・オトガイ前進術
・オトガイ水平骨切り術
・オトガイスクエア骨切り術

アーティファクト
・シリコンインプラント挿入
・ハイドロキシアパタイト挿入

オトガイ水平骨切り術(オトガイ前進術)・・
オトガイが長くて後退した患者では、水平骨切り(オトガイ前進術)によるオトガイの長さを短くしながら前進させる必要があります。もしインプラントを誤って使用する場合は、手術後に長さが強調されるので注意が必要です。
オトガイが後退した患者の場合、その長さは手前からでは見過ごしやすいので、常に横顔で測定する必要があります。また、顎の先端を細くしたい場合は、先端になる骨の断片を削って細い顎を形成することもできます。
骨断片の厚さにもよるが、骨断片の進行量は通常約8mmに制限される。これは、移動する骨が、接触面での骨の融合に必要な最小の接触領域を離れない距離である。
8mm以上の前進が必要な場合は、自家骨のみでオトガイ前進術を工夫しています。

シリコンインプラント法
短い後退しているあごの場合、オトガイを前進させるとオトガイ高の長さが増えるので、インプラント法は良い適応です。全身麻酔で行われるオトガイ前進術と違い、シリコンインプラントによるオトガイの形成は、局所麻酔下でも手術を行うことが可能であり、手術後に腫れる可能性があるため、患者にとって低侵襲性の方法である。しかし、インプラントで美しいオトガイを形成するためには多くのポイントがあります。

手術後に次の2つの問題が多発しています。
・インプラント形状が不自然である。
・頭側偏位でインプラントの位置が上がってしまう。

市販のインプラントの形では、周辺にグラデーションがなく、そのまま使用すると、辺縁の段差が目立つようになり、不自然な形になる傾向がありますので、医師が処理する必要があります。医師が設計したオリジナルのインプラントを入れれば、辺縁は段差なしで骨に移行し、自然な形になります。このようにあごの長さや症状によりオトガイ前進術かインプラントか、どちらがよりよいのか見極める必要があります

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •