•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


2段水平骨切り術

<大阪・30代・美容外科勤務/ブロガー>
2段水平骨切り術・・

輪郭の3つの主要な部位は、言うまでもなく頬骨、下顎角(エラ骨)、顎ですね。
そのうち、頬骨やエラに関する相談は、「小さくしたい」という要望が大半を占めます。ところが顎の場合、その相談内容や要望は実に様々で多岐にわたります。
例えば顎を「短縮したい」「小さくしたい」「奥に引っ込めたい」「細く尖らせたい」など色々あるのです。
削る手術と切る手術の違いは何か?
顎の骨切りと骨削りの違いについてよく聞かれます。最大の違いは、骨切断と削りではそれぞれが適する顎の状態や症状が異なることです。
顎がわずかに出ている、または左右の長さがわずかに異なる症例は、医療用グラインダーでアゴ先を削ればOKです。つまり顎削りが適していると言うことになります。
一方でかなりの長い顎を短くしたい人や、顎の突き出し具合(しゃくれの程度)や引っ込み具合(顎なし)が著しい人は、削れても一定の限界があり、こういったケースでは骨切りが行われることとなるのです。具体的には下顎骨の中間部の構造の不要部分を切り取って短くし、慎重にフェイスラインを削ってスムーズなラインを形成していきます。
要約すると、顎削りは先端部の前方への膨らみを減少させる操作を指し、顎全体の長さを短くするなら顎骨切りということになります。顎トラブルで最も多い、長い顎を短縮する骨切り術は、バリエーションが豊富です。最初の顎の形状と大きさ、おとがい神経の位置と患者の希望に応じて、適応する術式を決定します。

2段水平骨切り術(中穿刺法)
顎が長くて大きな変更を加えたい場合だとか、顎を前後に動かしたい場合などは、2段水平骨切り術を行います。顎の先っぽだけを切ったり削ったりすると、簡単に短くなるようですが、顎を短くして短くすると、顎からの首筋の肌があまりにも大きくなりますし、ダブルジョーの可能性すらあります。
また、一旦先端を切除しようとすると、首に向かっている筋肉を剥がしていまうことによって、筋肉の緊張を緩めて二重顎になる可能性があります。この理由から、顎を短くするときには、中骨を切除して先端の骨は可能な限り保存するようにします。

2段水平骨切り術が難しい手術とされている原因は、水平切開後に骨片を接合したときにできる両側のステップの処置でしょう。
骨片を固定した後、骨の段差があると皮膚に触れない程度に切断されますが、この作業は非常に重要です。それをそのまま処理しないとガタガタしたフェイスラインになってしまいます。私たちの病院では、2段水平骨切り術のステップを平滑化するためにオリジナルのノミを開発し、下顎角(ella)の方向に向かって徐々にステップをなくしてラインをなめらかにしていきます。

他の部分とのバランスも、顎にとっては重要です
顎は下顎角と口とのバランスを考慮して手術をやります。輪郭手術では、輪郭全体のバランスを考慮し、患者が望む美しいフェイスラインに仕上げるベストな手術法を見つけ判断することが成功の秘訣です。完全な輪郭の美しさを追求したトータルデザインを診断します。

素晴らしいおすすめポイント
・学会でさまざまな独自の手術法を発表。
・おとがい神経の位置によって個体差がありますが、2段水平骨切り術を行えば約10〜12mmまで顎の長さを減らすことができます。
・また、下顎骨の厚さや神経の位置など個人によって違ってきますが、約7〜10mmまで後退させることができます。
・骨切断後に生じる両端のステップを滑らかにするためには、高度な技術が必要です。私たちの病院では、独自開発した骨切除ノミで滑らかに曲線を描きます。
・口の中からの外科手術ですので、外に傷が残りません。
・カウンセリング中に術後画像をシミュレートすることができます。
・手術後の腫れを早期に軽減するため、顔に包帯を巻くことによるアフターケアを行います。
・最先端の麻酔法で日帰りができます。
・手術後の自宅でのケアは、顔の包帯でのみであり、治療包帯の固定はない。
・他の病院でやった手術の修正も受け付けています。セファロ/パノラマ撮影では、以前行った美容整形を検討し、効果的な骨切りデザインを確実に提案します。
・高度な医療機器(大学病院に匹敵する手術室、治療機器)・先進的技術(多くの症例数を誇るの医師)・経験豊富な医療スタッフのサポートで2段水平骨切り術を受けることができます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •