•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ骨切り後方移動術

<大阪・20代・美容外科カウンセラー>
顎縮小術(オトガイ骨切り後方移動術)

日本人の場合、顎が骨格の点で不足しているケースが多いが、顎が先天性に突出している場合もあります。こういったケースの患者さんの顎骨の大きさおよび長さはオトガイ骨切り後方移動術を行うことでバランスよく調整します。また、顎だけでなく歯も前方に突出している場合もあり、この場合は歯科医と協力して最適な治療方法を提案します。

オトガイ骨切り後方移動術について
オトガイ骨切り後方移動術は顎が前や下に長い場合に行われる手術です。下顎骨のオトガイ部を水平に切断し、下部の骨片を元の位置から少し後方にスライドさせ、チタン板で固定します。骨を切断する場所と角度に応じて、幅広い症状の改善に役立てることができるのがメリットです。
なお下顎骨の中抜きは、顎の長さを下顎水平骨切り術による後退だけでは調節できない場合によく行われます。オトガイ部分の下顎を水平に2本の線で切断し、ラインに挟まれた中間部分骨片を取り除きます。下の骨を上の骨に少し移動させて、それをチタン板で固定します。そうすることで除去した骨片の分だけ顎が短縮されるというカラクリです。両端に生ずる段差に関しては、出っ張っている部分を削って平らにならします。

オトガイ骨切り後方移動術は、突出した顎をなおしたい人や、下顎のラインを永久に手に入れたい人におすすめ。

オトガイ骨切り後方移動術
下顎骨のオトガイ部分を水平に切って後方にスライドさせるように動かします。張り出した顎が後方へ引っ込むため、突きだしていた顎のラインが理想的になります。大きな顎を縮小したいなら、その根本的な解決方法は骨切り術一択なのです。しかしながら、骨切り術は下顎骨先端部分の骨切り術および下顎骨全体の骨切り(矢状分割)があります。歯の噛み合いから治癒する場合は、下顎骨全体を骨切りする必要があるため、手術前に歯科医師に相談することが重要です。院内では歯科医と連携して検査を行っているため、どの方法が適切かを正確に診断・治療することができます。
上唇と顎の長さのバランスから顎の長さを短くする方が良い場合に行います。中央の骨を短くして、同時に必要に応じて下端で骨の移動を行います。顎の長さ、形状および角度など考慮すべき多くの要因が存在する故、長年の経験を必要とする手術です。また、骨の短縮が行われると、両端に段差が発生するため削ることでそれを解消します。外見だけでなく、触感も自然になるようにオトガイ骨切り後方移動術を行います。

価格
オトガイ骨切り後方移動術= 800,000円
オトガイ中抜き= 900,000円

オトガイ骨切り後方移動術の詳細
所要時間/約1時間
腫れ/傷跡/ 1週間
治療中の痛み/無し
入院/訪問/ 1日
麻酔/全身麻酔
持続可能か/恒久的
洗顔/手術後2日から可能
シャワー・浴槽・シャワーは手術の日にも可能です。入浴は手術後2日からです
手術の日にメイク/部分メイクも可能です

オトガイ中抜き術の詳細
所要時間/約1時間
腫れ/傷跡/ 1週間
治療中の痛み/無し
入院/訪問/ 1日
麻酔/全身麻酔
持続可能な/恒久的な
洗顔/手術後2日から可能
シャワー・浴槽・シャワーは手術の日にも可能です。入浴は手術後2日からです
手術の日にメイク/部分メイクも可能です

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •