•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Vライン輪郭整形

<神奈川・30代・一読者>
Vライン輪郭整形をついにやりました。様子をレポしますね!
手術の当日、私は12時に病院に来ました。
担当の先生との最後のカウンセリング。手術後に起こりうる症状の説明と、さまざまなことが心配されていた場所について話しました。そして、理想的な輪郭画像をスマホでみせました。ちなみに、私は広瀬すずちゃんと蒼井優さんの写真を見せしました。理想は蒼井優さんのような小顔です。
逆に、嫌な輪郭は、顎から耳までの細すぎる輪郭で。よく韓国のVライン輪郭整形失敗写真であるかんじになりたくなかったのです。だからエラは多少はあることを望むを伝えました。
そして、完成した歯列矯正模型もみました。
まず第一に

手術前・・
やばいくらいひどいですw
私は出っ歯で過蓋咬合なので、後部の歯が深く関与し、上の歯が下の歯の上に重なることが容易にわかります。

手術経過の模型・・
これは矯正を行う前の途中経過の模型モデル。

最後に
Vライン輪郭整形が完了した模型
うわー!手術と歯列矯正ですごい変化です!

私の歯の模型を見たのは初めてのことでしたが、歯だけしか知りませんでしたので、それをVライン輪郭整形して修正すれば、外見が大きく変わることに驚きました。噛み合わせも変わりますし、奥歯で噛みにくいこともなくなると思いますので、歯科矯正でなおしたら思う存分米を食べたいです!ハハ!
次に部屋に入り、ちょっと待ってくださいといわれ待機。
そして..ついにVライン輪郭整形手術。
ベッドの上に横になって、腕に点滴を注入する。
直前に女性のカウンセラーが私に近づきました。突然、頬骨削りに関して頬骨のために膨らみを失いたくなったので、それは問題ないと思いましたが、、執刀医にお伝えくださいと頼みました。
私は手術台で身体を震わせていましら。結局私は緊張していたんですね。 「お願いします」と言って意識は消えました。
そして…私は目を覚ました。
「手術は終わった」と言われ、ベッドにただ寝ていました。
その時は既にAM1時になっていました。私は真夜中で驚いた。私は女性のカウンセラーが手術後に目を覚ますのを待っていると思って本当に感謝しました。
私は目を覚ましてから、ずっと寒くて震えていました。私は2枚も羽毛布団を持っていましたが、ふるえを止めることができませんでした..。しばらくすれば落ち着くと言われ、しばらくすると寝ることができました。
これは私がそれを覚えている限りの、手術の日の出来事です

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •