•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨切り

<三重・20代・一読者>
同じ頬骨であっても、耳の前に突き出た部分が気になる方、頬の前の突起が気になる方、その両者であるなど症状は異なります。
頬骨切りの手術は、顔の表面を傷つけることなく、主に口の内部からの手術で行うことができます。 (耳のすぐ前のもみ上げの部分の突起を扱う場合は、もみ上げあたりを約1.5cm切ります。)
患者の要求に応じて、削る程度および骨の動きの程度は医学的判断の範囲内です。
例えば、幅をわずかに縮小したり輪郭を大幅に変更したりすることも可能です。
輪郭部分は人間の基盤の一部なので、ちょっと切るだけでかなりの変化が出ます。
思いっきりいっぱいっぱい輪郭骨をカットすると、別人のような変化があり、場合によっては不自然な顔になるので、専門の医師との注意深い話し合いが必要です。頬骨切りは骨修復手術になりますので、全身麻酔を行い、一晩の入院が必要となります。全身麻酔と言うのはちょっと怖いかもしれませんが、骨を擦ったり、切ったりする手術のために意識のある麻酔の方が恐怖感が強いと思われます。手術前に眠くなり、目を覚ますと手術は終了しているので怖くはありません。

頬骨切り(前部分)手術
頬骨が前方に斜めに、つまり目の隅の下から鼻の側に向かって突出することによって、顔がより大きく見えるケースです。

頬骨を目の隅の下側から鼻の側にかけて切断する。

その後、骨を内側に寄せ、大きな段差を削る。
骨と骨の安定性が悪い場合は、ワイヤーやマイクロプレートで接続します。

頬骨切り手術(後部分)
頬骨の後ろの部分(もみあげの近く)が横に飛び出し、顔の幅が広がっています。

頬骨の弓の後部を少し切る。頬骨の前方では、骨を半分だけしか切断しません。

頬骨の弓を動かし、その膨らみを除去する。できるだけスムーズに、できるだけきれいにカットすることにより、頬骨弓に生じるコーナーを段差なくします。頬骨アーチの安定性が悪い場合は、糸またはチタン板で固定します。

頬骨切り手術(前部と後部の両方)
両方の頬骨、前部および後部の両方において強く張り出しており、頬骨全体が大きなタイプ。

頬骨の一部を正面に、後方は斜めに切断する。

頬骨の弓全体を内側に動かし、ワイヤーまたはプレートで固定する。頬骨を可能な限り滑らかにするために、角をこすり落とします

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •