•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨切り・リスク 

<愛知・20代・一読者>
頬骨切りの平均術後経過・・
手術日 – 入院(1泊のみ)
次の日 – 病院から退院(正午までに退院できる)
3〜4日目 – 口腔内検査(液状の食事から軟かい食事への変更、下顎の歯磨きのみOK)
7日目 – 口腔内検査(普通食/歯磨きが可能)の腫れは70%~80%ひいている。
1ヶ月目 – 口腔内および進行のチェック
3ヶ月目 – 口腔内および進行のチェック

頬骨切りのリスクについて

骨の段差のリスク・・
頬骨切りに関連するリスクの1つは、骨の段差を明確に触知することである。頬骨を切断し、骨を固定した後に接合部が滑らかになるように処理することで、このような症状を避けることができます。また、頬骨を切る際には、頬骨部分を滑らかに削るとともに、弓部分に滑らかに移行するよう削る必要がある。頬骨体部をあまりにも落としたり、下に固定したりすると、垂れてふけの原因になりますので注意してください。

顔の筋肉のたるみのリスク・・
また、必要以上に剥離すると、顔面筋肉の筋がたるみ、顔面が不自然に老けます。上記のことは一般的には言われていますが、顔面骨に慣れていない医師が手術を行う場合に起こりやすい後遺症です。

痺れのリスク・・
眼窩神経と呼ばれる神経を傷つけると、重度の頬の痺れと異常な知覚を引き起こします。頬骨切り術では、神経を肉眼で確認して傷つかないようにしますが、皮膚を引っ張ることで間接的に神経を引き上げ、手術後には軽度に痺れることがあります。しかし、この場合、神経を切断していないので回復しています。軽度の症例は約1週間、万一、重度の症状が起こった場合、約3週間〜6ヶ月間治癒にかかります。

血腫のリスク・・
非常にまれですが、時には頬骨切り術によって血腫が発生します。血液が皮膚の下に蓄積するのです。軽度のものは後遺症を残すことなく吸収されますが、血液が著しく蓄積するとしこりとして残る場合もあります。それを避けるために、手術後約10日後に措置を取るかもしれませんが、それは非常にまれです。

口の開けづらさのリスク・・
また、頬骨切りのインフラクチャー法では口を一時的に開けるのが難しい場合があります。腫れが始まると、通常、手術後1〜2週間で徐々に改善します。頬骨の弓の突出が強く、かなり圧迫されなければ顔の幅が合わないと、後遺症として口が開くことが困難な場合があります。まれに、このような場合がありますが、機能を残したまま外観を改善することが主なルールです。しかし、日常生活に深刻な影響を与える状況には通常ならないので心配しないでください

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •