•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


シリコンジェルバッグ

<福岡・30代・美容外科勤務/ブロガー>
シリコンジェルバッグについて
乳房拡張手術に使用されるバッグの中には、シリコンジェルバッグというものがあります。
長い間使用されているシリコンバッグには生理食塩水バッグがありますが、これは比較的新しいタイプのバッグです。
ここからはシリコンジェルバッグの長所および短所を説明していこうと思います。

シリコンジェルバッグの利点
メリットは、簡単に言えば、通常の生理食塩水バッグの反対です。
言い換えれば、手術後のバストが「それほど硬くない」ので触れても比較的自然です。
だから、生理食塩水バッグと比べると、豊胸手術をやったことが周囲に知られにくいということがあります。
しかしあくまで生理食塩水バッグに比べて、というだけで実際には硬度(不自然さ)があります。
しかし、普通はそれがシリコーンゲルバッグであることはなかなかわからないものです。
より自然なバストを必要とする豊胸手術を受けようとする場合、シリコンジェルバッグ処方になると思います。

シリコンジェルバッグの短所
体内で破裂して内容物が漏れ出すと、健康への悪影響が懸念されます。実際、このリスクは最も懸念されています。内容物はゲルであり、このゲルは人体の細胞組織に浸透します。乳房脂肪や乳腺組織に入ってしまった場合は手術が必要で、シリコンゲルを取り除くのと同時にバストの一部を取り除く必要があります。
さらに、シリコンゲルがリンパ節に侵入する場合、リンパ節も除去しなければならない。
つまり、運動や体操でバストアップすることはできません。乳腺とリンパ節を失うので、自然な方法でバストアップすることはできません。
シリコンジェルバッグを使ったたくさんの胸部インプラントが行われますが、そのようなリスクがあることを知ることがより良いことです。
※ただ近年ではゲル漏れのリスクを改善した「コヒーシブシリコン」が出てきました。このシリコンは非常に安全なシリコンジェルバッグになります。
さらにシリコンジェルバッグ豊胸は、手術するのに費用がかかる傾向があります。
あなたが安全や人体に及ぼすリスク、そして手術コストよりも、より自然なバストを望むなら、シリコンジェルバッグを用いた豊胸手術を選択するのがよいでしょう

※あくまでも上記は寄稿記事にすぎないため、管理人はその内容を否定・肯定できる立場にはありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •