•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


下顎角形成

<東京・30代・某美容外科スタッフ>
小顔・外形の美容整形を専門とする私たちのクリニックでは、下顎角形成(エラ削り)も人気のメニューです。特にエラの骨が横に張り出しているケースでは、下顎角形成で骨を切るのが最も信頼できる方法です。ここではケースごとの写真などを調べながら、私たちの下顎角形成のオリジナリティについて説明します。

エラの骨が横に張り出している理由は何か? |下顎骨ないしは咬筋
「エラの張り出し」の原因は大まかに以下の3つに分けることができます。

「骨の形」
下顎骨と呼ばれる範囲の中で「下顎角」と呼ばれる角部が四角形に突出している。骨が原因であれば、それは「下顎角形成(エラ削り)」の出番となります。

「筋肉の厚さ」
エラ骨の部分に付着している筋肉を「咬筋」といいます。この咬筋の太さによってエラの張り出しが引き起こされる場合は、「エラボトックス注射」によって症状の改善が図られます。

「エラ骨と筋肉の両方」
ケースによっては下顎角・咬筋の両方によって引き起こされる場合もありますので、その場合は「下顎角形成(エラ削り)+エラボックス注射」が適応ということがわかります。

「下顎角形成(エラ削り)」に関して
下歯茎の粘膜を切開し、口腔内からすべての施術を行っていきます。
【STEP 1】横に張り出したエラのカドとる操作=「下顎角形成」
【STEP 2】下顎骨の厚さを薄くする操作= 「外板切除」
この2つの手順で行われます。

ステップ1:下顎角形成
下顎角形成は、下顎骨の角部(下顎角:角化)を切断する操作です。
カッティングラインを下顎の下縁と後縁にスムーズに接続することにより、美しい結果を生む点が特徴です。
「広範な下顎角形成」法(後述)により、安全な範囲で効果を最大限に引き出そうとしています。

ステップ2:下顎外板削り・切除
外板と呼ばれる下顎の壁を切ったり(外皮の切除)、研磨(外板削り)したりすること、下顎の厚さをなくす操作です。
主に正面から見たときのシャープネスを得るために行われます。
ときどき切り刻んだり切断したりすると違う使い方ができますが、それは方法の違いだけです。本質的に何をしているのは一緒です。
手術に要する時間を短縮するためには、往復鋸で切除した方が速いですが、私たちは安全と深さを正確に制御するため、ドリルで慎重に掘削します。

下顎角形成の特徴
ポイント1:広範な下顎角形成
クリニックの下顎角形成の特長のひとつとして、「エクステンシャルジョーアングルフォーメーション」を用いてエラを削っていきます。
一般的な下顎角形成では、不自然なコーナーが残ることが多く、見た目も触感も品質が低下します。
このような不自然な角を作らないためには工夫が必要です。「広範な下顎角形成」では、図切断線を下顎の下縁および後縁に向かって伸ばし、下顎を安全範囲内で最大幅に切断していきます。
カットラインを前方(顎の方向)に伸ばし、下顎を広く切断することによって、下顎角だけを切断するのではなく、不自然なコーナーを残して顎骨全体をリフレッシュすることができるというわけです。
なお広範な下顎角形成を行う場合、下顎骨内を走る神経(下歯槽神経)の走行を正確に把握する必要があります

※上記文章は読者から寄稿されたものであり、管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •