•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コンデンスリッチ豊胸ベイザー併用

<神奈川・30代・元美容外科カウンセラー/ブロガー>
コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)とは
快適で違和感のない手触り+美しい曲線ラインの仕上がりが特徴の乳房増強手術です。
以下ような方にはお勧めです。
・太ももや腹部の脂肪を管理したい
・自然にボリュームアップしたい
・異物を入れたくない
・授乳後、胸が小さくなった
・私は傷跡を残したくない
・私は自分の胸を大きくしたい

バストコミットメント
10年前まで、乳房拡張の大部分はシリコンバッグによるものでした。
しかし、シリコン袋には材料の寿命がありますので、挿入後10〜15年で交換してください。ヒアルロン酸の注射による乳房の拡大は安価な治療としても一般的であるが、持続性と完成品の品質には限界がある。
私たちの病院は、脂肪を使った乳房の増強を行うことで、自然なタッチ感覚の柔らかいバストの仕上げにこだわっています。

ナチュラルで美しいバストライン
コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)は、1回の注射でアップさせるのが約2カップに制限されています。サイズを求める人にとっては不満足かもしれませんが、あまりにも多く入れると壊死などの塊になるリスクが高くなってしまうためです。
しかし、美しいバストラインのためにデコルテに脂肪を注入し、デコルテから胸の丸みと膨らみのラインをデザインします。ナチュラルな風合いとしっかりした質感のソフトテクスチャーでデザインされ、カップ数よりも華やかな仕上がりに仕上がっています。
さらに重要なことは、痩せている人たちから巧みに脂肪を集める慎重な治療を行うことです。胃、腰、上腕など広範囲の痛みなどのトラブルがないように脂肪を吸引していきます。

カウンセリングの重要性
あなたの希望と最適なバストライン・カップが得られるように、カウンセリングで詳細をお尋ねします。
治療前に相談することで、患者個人の個性(授乳経験、袋の入れ方、年齢、体型などに応じた皮膚の伸び)を特定することで、最適な方法を提案します。

コンデンスリッチ豊胸ベイザー併用
・自己組織(脂肪)を使う
・保持率約80%向上
・サイズへのこだわり
・自然に見えるデザインの外観
・CRF認定プロセス証明書の発行

シリコンバッグによる胸の拡大からコンデンスリッチ胸部増強まで
シリコン袋等を挿入する乳房の増強は、バストの大型化が可能ではありますが、外観や触感が不自然であり、カプセル拘縮等の拒絶反応、破損によるシリコン漏れ、異常感覚等の不具合があります。
あなた自身の脂肪を使って凝縮豊富な乳房の拡大が注目されています。腹部と脚から吸引された余分な脂肪から特許取得した技術によって凝縮脂肪(CRF)を生成し、バストに注入します。それは不純物を含んでいないので、安全かつ自然にボリュームアップすることができます。

高い固定率を誇る最新の再生医療技術
特許技術によって生成された健康な凝縮脂肪は、多数の幹細胞を含むため、コロニー形成率は約80%です。
脂肪吸引から注射に至るまで、コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)のすべてのプロセスは滅菌条件下で行われるので、感染リスクも大幅に低減されることとなります。石灰化や脂肪壊死などの問題も解決した最新の再生医療技術です。

石灰化やしこりのリスクを避けるための脂肪注入法
従来の脂肪注入法では脂肪を一箇所にまとめて注入したため、血液と酸素が中心部に到達せず、脂肪や石灰化の壊死を起こし、時には塊になってしまっていました。
これを避けるためには、高度な技術と豊富な経験を必要とする注入方式「マルチインジェクション」を採用しています。少量をさまざまな層に注入して注入します。
また、注入量が多すぎても石灰化や塊状などの原因となりえます。たとえ分散して注入しても、そもそもの量が多いと血液や酸素が通過しにくくなるのです。したがって、私たちの病院は同時に400ccを超える大量の脂肪を注入するとトラブルが発生する可能性があるため、250〜300ccの注射量で安全を確保しています。

日本連邦健康幹細胞研究会CRF協会が定めた証明書を発行
コンデンスリッチファットセラピーは、CRF協会が承認した診療所のみが行うことができる手術であり、私たちの病院はCRF協会からコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)を公式に許可されています。
私たちの病院は手術を行った患者のためCRF協会が定める認可されたプロセス証明書を発行しています。この証明書は、凝縮された豊富な乳房増強を行う際にCRF協会によって確立された正しいプロセスに従って手順が実行されたことの証です。なかにはずさんな施術を行うクリニックも報告されており、麻酔は手術中有効であるので患者は手術の過程を確認することができませんから、プロセスの一部を削除したり、正しいプロセスとは異なるコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)を行ったりしています。

豊富な経験に基づく脂肪吸引技術
脂肪注入による乳房増強のためには、輸液技術および吸引技術が重要となります。あなたがきれいにバストアップすることができても、脂肪吸引された部分が汚くなってしまってはダメです。豊富な脂肪吸引体験から蓄積された知識やスキルを活かし、肌の質感や全身のバランスを考慮した脂肪を集めています。
また、痩せぎすな人でも十分な脂肪を摂取してできますので、このコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)をあきらめている人もお気軽にお問い合わせください。

一般的な脂肪回収の失敗
注射部位がきれいになっても、吸引部位が不規則になると無意味です。したがって、脂肪吸引の技術もさることながら、吸引量と吸引箇所の跡とのバランスを考えながら作業することを念頭に置かなければいけません。

コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)の脂肪凝縮技術
重量フィルターで古い脂肪細胞を除去します。
腹部および脚部から吸引された脂肪は、外気に触れることなく重量フィルターを用いて遠心分離することができます。通常よりも約25倍の圧力を加えることにより、弱い古い脂肪細胞は排泄油に変換され分離されます。死んだ細胞や老化した細胞や細胞膜などの不純物のない新鮮な凝縮脂肪だけを抽出することが可能です。

滅菌状態を維持することによって感染リスクを低減する
コンデンスリッチファット脂肪の抽出作業はシリンジで行われます。常に無菌であるため、感染症などのリスクを大幅に低減できます。

コンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)の凝縮脂肪抽出法
シリンジを1分間10分間放置して脂肪とTumenscent溶液(麻酔液)に分け、Tumesent(麻酔薬溶液)のみを捨てます。この段階で注射器に残っている脂肪は、死細胞または老化細胞のような多くの不純物を含んでいます。
それを遠心分離によって3つの層に分離していきます。上に浮かんだ排泄油をシリンジで上から吸い出し、沈殿した血液や細胞膜を押し出して排出し、CRFだけを残留させます。
シリンジのCRFを注射器に移し替えます

※当ページのコンデンスリッチ豊胸(ベイザー併用)に関する文章はあくまで読者の寄稿記事であり、管理人はその内容の真偽については判断しかねます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •