•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術

<東京・30代・美容外科スタッフ>
コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術を簡単に説明すると、吸引された脂肪から塊を生じる死んだ細胞または老化した細胞などの不純物を除去することによって、凝縮(凝縮)した新鮮な凝縮脂肪(CRF)のみを注入する方法となります。
これは、高い保持率およびしこり(石灰化)を形成されにくくすることを特徴とします。
凝縮された豊富な脂肪注入は、収集された脂肪注入から死んだ細胞および湿気を除去します。この時点まで普通の脂肪注入豊胸と変わりませんが、コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術ではこれに加えて老化細胞も除去できるので密度は高くなります。この密度が定着率の明確な差を生み出すのです。
加えて、採取した脂肪は短時間空気に触れることによって汚染されたり弱まったりして、保持率が低下します。当クリニックでは、「特許を獲得したオリジナルの重量フィルター」を使用しており、大気中の細菌や埃に触れず、安全で強く健康な脂肪細胞だけを抽出し、優れた保持率を実現した環境を実現します。同時に、石灰化(しこり)や脂肪壊死などの脂肪注入に特有の合併症を予防することが可能になったのです。

重量フィルター
通常の遠心力と比較して25倍の圧力をかける重量フィルターは、その遠心力に耐えることができない古い脂肪細胞を除去し、強く健康な脂肪細胞のみを抽出します。

プロセスは空気に触れない
全てのプロセスは、重量フィルターを用いて密閉状態に置かれたシリンジ中で行われます。
よって注射される脂肪は空気に触れない無菌状態になり、感染の危険性を大幅に減少させます。

コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術経験談
<東京・40代・一読者>
手術だけですごく不安で色々と考えていましたが、スタッフ(特に看護師の方)と先生は非常に素敵な人で、丁寧に質問に答えてくれたので不安が和らげられました。クリニック内も清掃が行われていて快適でした。痛いのは手術後のみで余裕がないほどではなく、薬もいっぱい出してもらえたので、それを飲んで痛みを和らげました。痛みの方は日々の経過とともに解決されました。私の人生ではコンデンスリッチ脂肪注入豊胸術はもちろん大きな手術自体が初めてでしたが、手術中の記憶は一切なく自信を持って先生と看護師に任せきっていました。そして私はとても仕上がりに満足しています。悩みの種だった胸や脚のコンプレックスをようやく解決できました。それは周りのひとたちにも賞賛されますが、それは自然な仕上がりであるために豊胸したことに気付かれていません。タイトなパンツをはくことができるようになりましたし、自分の胸の形と大きさをほめられることが多くなりました。ローンの支払いはまだまだ残っていますが、コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術を受けて本当に良かったと思います。私を美しくしてくれてありがとう。

<東京・30代・一読者>
手術前は長年にわたりコンプレックスだったもともと貧相な胸が、授乳などでペッタンコになってしまっていたんです。かといって大きな胸することは望んでいなかったので、人並みの大きさにして普通の女性の体になる方が良いと思ったのです。
ネットでいろいろコンデンスリッチ脂肪注入豊胸術のことを調べて病院を探しました。当分の間、私は仕事と育児をしているので、私は近くのクリニックに相談に行くことにしました。スタッフが親切で丁寧に応対してもらえて雰囲気も良かったので、すぐに決めました。実際体験モニターとして何度も訪問する必要があったので近場で正解でしたね。仕事や子供のことがありますから、病院を訪れるのは少し難しかったですが、私が帰りたいと思った時間を教えたら、ある程度こちらの都合を考慮した上で対応してもらえました。
失敗してたらどうしよう、人生が悪いものに変わるんじゃないかとも考えましたが、1ヶ月後には手のひらサイズでほどよく大きい、本当に自然な形のバストになってくれたのです。手術の麻酔から覚醒してから約3日くらい足の痛みと胸の痛みがきつく、腫れもやや大きかったです。といっても、最も強い痛み止めは使用しなくても十分なレベルです。術後5日目から仕事に復帰したのですが、仕事のせいで内出血がひどくなったと感じました。痛みも戻ってきました。8日目から足のマッサージを始めましたが、なかなかしんどい作業ですし痛くなりましたが、後に動きやすくなって腫れが減ったので、コンデンスリッチ脂肪注入豊胸術を受けた後マッサージをするのはアフターケアとしてとても効果的と思いました。現在、私の胸のしこりはほとんど消えており、柔らかさが戻ってきました。表面のしびれ、表面のしびれ、痛みの感覚がありますが、気になるほどではありません

※当ページのコンデンスリッチ脂肪注入豊胸術に関する文章は読者の寄稿記事につき、管理人は内容の正誤の判断をいたしかねます。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •