•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Motivaエルゴノミックス・被膜拘縮

<佐賀・30代>
マイクロチップによる品質管理・・
Theme=Motivaエルゴノミックス・被膜拘縮
Motivaエルゴノミックスは、シリアル番号を体内から電子的に読み取る技術として、米国FDA(日本厚生労働省に相当)が初めて認可したマイクロチップを搭載しています。この理由から、豊胸インプラントを取り外すことなく、交換または除去に最もよい対応をすることが可能です。
マイクロチップなしで選択することもできます。

CEマーク取得の高い安全性・・
Theme=Motivaエルゴノミックス・被膜拘縮
Motiva Ergonomix(エルゴノミックス)を含むEstablishment Labs社のMotivaインプラントマトリックス®はCEマークを取得しました。これは、製品と企業が厳しい安全性、健康、環境性能基準に準拠していることを意味します。 Establishment Labs社では、FDAの承認を受けたNusil社製医療グレードシリコン材を使用し、ISO9001:200819およびISO13485:200320規格の認証機関として有名な英国規格協会(BSI)が認定した世界基準の品質管理システムを使用しています。すべてMotivaインプラントマトリックス®ブレストインプラントの最新の技術進歩に基づき、100%品質検査を実施しています。品質管理システムでは、光学顕微鏡測定システムと3次元スキャナを使用します。

60カ国以上の規制当局から承認を得ています・・
・アメリカ大陸の20カ国以上
・30カ国以上のヨーロッパ諸国
・アジア、中東、アフリカ10ヵ国以上

ケラーファンネル・・
Theme=Motivaエルゴノミックス・被膜拘縮
創傷を最小限に抑え、被膜拘縮のリスクを軽減する。
豊胸バックの挿入補助としてケラーファンネルを紹介。ケラーファンネルは、豊胸バックを挿入するときに創傷を保護しながらスムーズに挿入できる補助器具です。 Keller Funnelは、米国FDA(日本厚生労働省に相当)の認可を受けており、豊胸バックのための有効性と安全性を証明しています。ケラーファンネルは、200cc以上のバックを挿入する際のオプションです。

ケラーファンネルの特徴・・
Theme=Motivaエルゴノミックス・被膜拘縮
・豊胸バックを入れるときの傷を十分に挿入する。
・挿入時に皮膚の損傷を抑える。
・組織への外傷を軽減する。
・豊胸バックを傷つけることがないので、バック破裂のリスクを低減する。
・より短い治療時間。
・細菌の汚染を50%低減し、被膜拘縮のリスクを低下させる

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •