•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨縮小

<大阪・30代・元クリニックスタッフ>
頬骨の整形(頬骨縮小)
それは文字通り頬骨を切ったり削ったりする整形外科手術であり、小さな顔面を形成するための典型的な治療法です。日本人(東洋人)で頻繁に見られる頬骨突出を排除することにより、輪郭をすっきりさせ、若々しく見えるような効果を期待することができます。
医師によっては、一般的に耳のもみあげ部分または口腔の内部が切開され、医療用ノミを使用して頬骨が削られます。

頬骨縮小の利点
骨格から小さくすることにより、根本的かつ半永久的な小顔効果を見込むことが可能です。
また、コンプレックスの原因である頬骨が小さくなることにより、積極的に自信を持って日常を生きていけるようになります。

頬骨縮小のリスクや欠点
頬骨の横方向への張り出しを引き起こしている頬骨弓は非常に薄い骨なので、せいぜい数ミリメートルしか削ることはできません。無理してあまりにも多く削ると、骨が欠けて顔が変形するおそれすらあるのです。
また、頬骨のみを小さくすると、顔全体のバランスが奇妙になることがあります。頬骨縮小手術を考えている方は、頬骨のみならずフェイスラインの印象についても満足するまで医者と徹底的にカウンセリングしてみてください。

痛み・麻酔
基本的には、全身麻酔または静脈内麻酔を使用します。したがって手術中に痛みはありませんが、手術後約2〜3日間鈍い痛みを伴うことがあります。

ダウンタイム
手術後、約1週間で縫合箇所の糸が取り除かれます。個人差もありますが、腫れは3〜4週間続きます。

料金&費用
診療所によって異なりますが、約80万〜150万円が基準です。

他の治療法の比較
頬骨を収縮させる方法はいろいろあり、頬骨の切断方法によっては、体の負担と仕上げが異なります。代表的な例には、アーチ・イン・フラクチャー法が含まれます。
どの治療方法を選択するかは医師によって異なりますが、自分の方法に適しているか、目的のデザインに合うかどうかを判断するのは医師の判断に委ねられます。
また、先進的な技術を必要とする手術なので、診療所の選択と医師の選択は非常に重要な要素です。

失敗/修正
基本的には、治療するために非常に繊細な技術が用いられます。特にこの治療は骨を削りこめるための治療であるため、失敗すると修正するのが非常に難しくなります。
したがって、豊富な治療経験を有する「信頼できる」技術を有する医師を選択することが重要となるのです。

頬骨縮小のレビュー
<埼玉・20代・美容整形ブロガー>
笑っていると突出した頬骨が目立ち、メイク中も頬を鏡で見ることに抵抗がありました。自分自身で何かをするのが難しいとあきらめていた頃、このクリニックのFacebookを見つけ、結果としてカウンセリングを試みることにしました。最初は美容整形なんて考えていなかったのでカウンセリングが終わって帰宅してじっくりと考えてみました。何か自分で頬骨をカモクラージュづる方法がないか考えてみましたが、結局化粧では何もできませんでした。
今回は頬骨縮小を受けようと本格的にカウンセリングを行いました。先生は私のことを思い出してくれたので、カウンセリングはスムーズに出来ました。親切かつ丁寧な先生の反応に感動しました。その日は手術の日時と私が受け取った手術の詳細を聞いて終わりました。
手術当日は緊張といろいろな感情がごちゃまぜになって出てきました。手術は口を切って骨を切る。自然ですが、麻酔が働いているので痛みはありません。私が目を覚ましたとき、操作はすでに終わっていて、私は笑顔がダウンタイムの後に劇的に変化したことをうれしく思いました!頬骨はもはや過去のように邪魔にならず、笑って見下ろすと頬が見えていたのがすっかり見えなくなりました。もうすぐ春が来るのでチークを使ったメイクをしたいと思います。

<京都・20代>
韓国で手術を受けましたが、絶対にやめる方がいいです。私が失敗しても、私はそれを保つことができません、無責任で、私はちょうどお金を取っていたと私は私の人生で台無しにされた。あなたが思うように2倍を考えてください。あなたがそれをやるなら日本でやってください。
障害は復元できません。私はお金を失って、私の顔は狂っている、それは落ち込むだろう

<東京・20代・一読者>
正面から見たときの頬骨の横方向の広がりがいやだったので手術を受けたんですが、残念ながらそれほど変化はありませんでした(ただし正面への突き出しは改善されました)。
決して失敗ではないとは思うんですが、医師と相談して完全に希望を伝えることができなかったのは残念です。頬骨縮小を考えている人は、あなたが信じていると信じているかにかかわりなく、慎重に先生に相談するべきです。

<大阪・30代・一読者>
手術後5ヵ月で腫れがかなり引いてきました。頬骨縮小で削り取ることのできる量には限界があり、100%理想的な仕上がりではなかったようですが、それでも私は非常に満足しています。先生はポイントを適切に事前に説明してくれたと確信しています。今までは写真を撮るたびに私の頬骨は目立っていましたが、今から私はもっと写真を撮り、思い出を残します。

<東京・30代・一読者>
頬骨縮小手術をやってから3年たちました。私の頬骨は陥没してしまいサギングもひどいです。ほうれい線もそれによって暗くなっているように感じます。私はそれが矯正することができる簡単な手術ではないことを理解していますが、私は何とかしたいと思って4回リフトアップ手術をしました。いくつかの改善があるように感じますが、それだけでは十分ではありません。私はこの操作が成功したのだろうかと疑問に思います。ネットで調べると失敗した人がだくさんいるみたい。もう少し慎重になるべきだったのかな?気持ちを整理しましたが、とっても残念です

※上記文章は読者等から寄稿されたものであり、その内容を否定ないし肯定する立場に管理人はありません。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •