•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


バッグ入替

<大阪・40代・元美容外科勤務>
バッグ入替に関する質問をQ&Aでまとめます。

Q:バックで2回豊胸手術をして拘縮しました。もう一度バックを入れ替えるのは危険ですか?地元の胸専門医院では、乳首下部切開での抜去の方が胸から遠い脇の下からの抜去よりも美しく拘縮を取り除くことができると言われています。その医師は何万という豊胸手術およびバッグ入替を処理した医者です。脂肪注入は、私は痩せていて脂肪を減らすことは不可能だといわれました。
身長163センチメートルと体重は52キロです。私は大腿部からの脂肪吸引手術を一度行っていますが、もともとは筋肉質だったので、あまり脂肪が得られませんでした。私のお腹の上に多くの脂肪がありません。重度の痛みに耐えながら何度も手術を受けています。次の手術で最後にしたいと思います。バッグ入替のあと、コンデンスリッチ豊胸をした場合、平均ではなく最低の定着率を教えてください。

A:現状では、バッグ入替をしても同様に拘縮を起こす可能性が高いといえます。
そのドクターが言ったように、乳頭(乳輪)の下で切開した場合の法がカプセル拘縮を解消することが容易に可能であり、場合によっては現在の被膜全体を取り出して、バッグを再挿入させた場合、カプセル拘縮の再発率はグンと低下するでしょう。
しかし、拘縮の再発の危険性は依然として残っており、バッグとしての違和感(カプセル拘縮をしなくてもリップリングやバッグに触れる感覚)は取り消すことはできないでしょう。したがって、脂肪を集めることができれば、できるだけ脂肪注入による再手術を行った方がいいと思います。
身長体重と脂肪吸引の関係があることから、脂肪を採取することは困難であると想像します。あなたが必要とするのは、バッグ入替の技術と脂肪吸引の技術的能力であり、あなたが言うように、それは脂肪注入の定着率であると言われています。
病院によっては、ベイザーリポの最高品質の脂肪吸引技術による脂肪吸引(採取)により、より安全で、よりきれいな仕上がりが確保され、より多くの脂肪が確保されます。
最近の研究では、注入のために脂肪および脂肪幹細胞を収集するためにベイザーリポを効果的に使用できることが示されています。また、注入方法としては、脂肪が少なくても脂肪を効果的に使用できることが発見されています。高い定着率を有するためにもコンデンスリッチ豊胸が最良です。平均して、定着率は70〜80%です(このデータは脂肪幹細胞と同じで、脂肪の注入に必要な総脂肪は脂肪幹細胞注入法に必要な脂肪より少なくなります)。しかし、カプセル拘縮していてバッグ入替と同時に行う場合、それは50から80%に落ちます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •