•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術大胸筋下法・痛み

<埼玉・20代>
豊胸手術大胸筋下法を受けてから3ヶ月が経ちました。
手術後最初の数日~1ヶ月間はダウンタイムであることもあり、痛くて不自由なことが多いです。でもそこを頑張れば残りの部分は大部分私は通常の生活に戻ることができると思います(1日に数回マッサージが必要です)。手術前にも非常に心配していましたが、私は理想的な胸になったことをうれしく思っています。豊胸手術大胸筋下法は私にたくさんのお金を要し、さらにとにかく痛いですが、私は豊胸手術をこの方法でやってよかったと思います。

<東京都・30代・美容外科勤務>
豊胸手術大胸筋下法は、腕を動かすために使用される大胸筋を剥離することによって行われるので、術後強い痛みのために患者にとって非常に苦痛な手術であるといえます。また、大胸筋下法で使用するスムースタイプのバッグの場合は、手術後にしばらくの間バストのマッサージをする必要がありますので、この点を同意して受けていただいています。
しかし、その痛みにたえれば、あなたは美しく豊かなバストを得ることができます。手術後は、頻繁に超音波マッサージを受けてバストの硬化を防ぎます。うまくいくと患者さんは喜んでくれるので嬉しく励みになります。患者さんが理想的なバストになると嬉しく思っています。

<東京都・20代・美容外科カウンセラー>
豊胸手術大胸筋下法を受ける患者さんの多くは、治療の日に、緊張と不安でいっぱいです。私はリラックスして治療を受けていただけるように、お話して励まします。術後の痛みが強ければ、胸に包帯を巻いたり、ベッドから立ち上がったり、寝たりしてもらいます。あまりにも強い痛みを訴える人ではいませんでしたが、やはり豊胸手術大胸筋下法は非常に痛いと思います。私はその痛みを認識しており、患者さんを手助けできることを嬉しく思っています。手術後のアフターケアで、私はバスト・マッサージを数回行うので様々な話をしました。当初は痛みや不安がいっぱいだったことと感じますが、通院が増えるたびに表情が非常に明るくなったことはとても嬉しいことでした。
痛みが引けば、患者さんは理想的なバストを得て、悩みがなくなり喜んでいる姿はうれしいものです。女性の視点から見ても美しいバストであることはうらやましいです

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •