•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


豊胸手術乳腺下法

<名古屋・30代・美容外科カウンセラー>
大胸筋下法と乳腺下法 ・・
人工乳腺バッグの豊胸の場合、乳腺下法と大胸筋下法の2つの方法がある。
豊胸手術乳腺下法は、バッグは乳腺の下に置かれるので、バッグは浅い部分にあります。
大胸筋下法は、胸筋の下部にバッグを置くことで、バッグが深い部分にあるので、バッグはわかりにくくなります。
多くの患者に、大胸筋下法を推奨します。しかし、大胸筋下法は、垂れたバストにはあまり適していません。そのような場合には、豊胸手術乳腺下法をお勧めします。

大胸筋下法・・
大胸筋下法は、ほとんど胸がない、理想的なバスト手に入れたいという方に適しています。
人工乳腺バッグを皮膚の下ではなく、胸筋(大胸筋)の下に挿入します。これは乳腺に触れる安全な方法です。この大胸筋下法は高度な技術を必要とし、病院の中でも美容整形のトップの医者が施術を行います。
デリケートな技術によって、仕上げが自然でバッグが入っていることは分かりづらいです。
大胸筋下法はバストが小さい方に適しています。

乳腺下法・・
現在のバストは約B〜Cカップだけど、それをもっと大きくしたいというかたには豊胸手術乳腺下法が向いています。これは、人工乳腺バッグを乳腺の下および大胸筋の上に挿入する方法です。乳腺を傷つけることなく安全に挿入されるので、出産後の授乳などには影響しません。触り心地はとても柔らかく自然な仕上がりです。
豊胸手術乳腺下法はバストが比較的大きい、バストが垂れ下がっている方に適した方法です。

●ラウンド型とアナトミカル型・・
(豊胸手術乳腺下法などのバッグの形状)
人工乳腺バッグの形状は、大まかにラウンド型とアナトミカル型に分かれています。ラウンドタイプは丸く、解剖タイプは涙型のようです。
ラウンドタイプは、あなたが眠っているときにボリュームが横に広がるため、自然な感じです。どんな動きにも柔軟に対応します。
アナトミカル型のバッグは、バストの下側にボリュームを有するように設計されています。日本人の場合、上半身にボリュームがない人が多いので、このバッグを入れると垂れ下がったバストが強調され、下半身のみが大きくなります。
さらに、バッグが内部で回転すると、バッグが大きく変形する可能性があります。しかし、それはもともとバストの大きさを持っている人に適しているかもしれません。

●スムースタイプとテクスチャータイプ
(豊胸手術乳腺下法などのバッグの表面)
人工乳腺バッグの表面には滑らかなスムースタイプとざらざらなテクスチャータイプがあります。テクスチャータイプはより安心で安全です。
スムースタイプ(表面平滑化)=スムースタイプは、表面が滑りやすく、膜の拘縮が生じやすいという欠点がある。
テクスチャータイプ(表面が粗い)=テクスチャータイプ(表面が粗い)は、滑らかなタイプよりも手術後の被膜硬化がより起きにくいことを特徴とする。

豊胸手術乳腺下法などの被膜拘縮について・・
人工乳腺バッグは人体に無害で安全ですが、身体との境界にカプセルと呼ばれる薄いコーティングが形成されます。これは生理的な身体の仕事なので、問題はありません。しかし、稀に被膜のはコーティングにが極端に厚くなることがあり、これを被膜拘縮といいます。表面がザラザラのテクスチャータイプであれば、マッサージなしでも被膜拘縮を防ぐことができます

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •