•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


生理食塩水バッグ

<高知・40代・美容外科勤務>
豊胸術の最も長い効果を発揮するものは、胸部に生理食塩水バッグなどの豊胸シリコンバッグを挿入することによってバストアップを目指すバッグプロテーゼ挿入方法です。
脂肪注入法の方法で豊胸して、数十万円〜百万円近くの費用を使った後、「持続期間が短すぎる。こんなに短いなら生理食塩水バッグなどの豊胸シリコンバッグ挿入で胸を大きくする方がよかった」と、再手術を受ける人はすくなくありません。
豊胸バッグは医療の進歩とともに急速に進化しており、タイプによって寿命は「10〜30年」であり、他の治療よりもかなり長く保つと考えられています。
しかし、実際には、「老いて不自然なので抜去をしたい」と訴える人も多いです。美容クリニックでは生理食塩水バッグなどの豊胸バッグの耐久性に関係なく「10~15年に1度入れ替えるのが望ましい」と言われています。なぜなら時間の経過と共にバッグも人の自然な体型も変化するからです。
したがって、生理食塩水バッグなどの豊胸バッグの挿入法を使用して豊胸を行いたい場合は、定期的にメンテナンスを行い、将来的には「除去または交換」を検討する必要があります。

生理食塩水バッグなどの豊胸バッグの長寿・・
おおまかに言えば、豊胸バッグの寿命は、「破損または形状の崩壊が起こったとき、バストアップの機能が達成されなくなったときに除去または交換が必要」です。
豊胸バッグの最新の品種は高性能で長寿ですが、耐久性は豊胸バッグの種類によって異なります。

[生理食塩水バッグ]
生理食塩水バッグには、体液と同じ浸透圧の生理食塩水が用いられます。
寿命はシリコンバッよりも約10〜15年短いです。
生理食塩水バッグやハイドロジェル(CMCなど)は内容物を包み込む皮膜が弱いため、早くて3年以内に何らかの破損が起こる可能性が高いでしょう。

【豊胸シリコンバッグ】
コヒーシブ・ソフトコヒーシブシリコンバッグのようなシリコンタイプの豊胸大バッグは、生理食塩水およびハイドロジェルよりも皮膜が強く、非常に長い寿命を有するのが特徴です。約2〜3倍の約30年は持続するだろうと考えられています

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •