•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


プリンセスバッグ・リッツ美容外科

<大阪・20代・美容外科カウンセラー>
プリンセスバッグの挿入層・・
インプラント挿入層には、乳腺下、大胸筋下、および大胸筋筋膜下の3つがあります。
一般に、細身の体型の場合、リップリングなどを考慮し、大胸筋下を第1選択として選択します。
また、乳房下垂がみられる場合、乳腺下または筋膜下が第一の選択肢です。
また、挿入層は、患者のニーズ、術者の経験、主義などの総合的な判断から決定されます。
各挿入層には長所と短所があります。
乳腺下法の主な欠点は、インプラントの縁が見えやすく、リップリングがあり、被膜拘縮率が上がることなどです。
筋膜下法は、細菌の宝庫である乳管とプリンセスバッグなどのインプラントが筋膜に束縛されているため感染が少なく、拘縮率が乳腺下法よりも低い可能性があることを示唆しています。
他方、大胸筋下法の欠点は、手術後の回復の長さ、大胸筋収縮時のバストの歪み、長期にわたるインプラントの上方への動き、外側移動の可能性です。
筋膜下法によってこれらを回避することができます。
上記の理由から、リッツ美容外科では現在、第一選択として筋膜下法を実践しており、唯一のやせ型体型の場合には、大胸筋下法を選択しています。
大胸筋筋膜下法は、Graf、Goesらによって最近報告された方法である。
この方法は乳腺下法、大胸筋下法の間の方法である。
これは解剖学的位置だけでなく、臨床的意義の観点から両者の中間的な方法を意味するのです。
大胸筋の筋膜は上三分の一が厚いので、プリンセスバッグなどのインプラントの縁がわかりにくいという利点があります。
下部では、第5~6肋間で腹直筋、外腹斜筋と大胸筋筋膜が合流するが、剥離層は近辺の筋膜または乳腺下を移動するので、大胸筋下では困難であると考えられる乳房下溝の位置を決定することは容易であるという利点がある。

リッツ美容外科のインプラント(プロテーゼ)・・
プリンセスバッグ
待望の日本人女性に向けたバッグであるリッツ美容外科のプリンセスバッグ。
「リッツ・プリンセスバッグ®」は、リッツ美容外科の医師が一丸となって開発した日本人にとってまったく新しいバッグです。
今でも優れたバッグがたくさんありますが、それは基本的に西洋の女性の体型に基づいています。リッツ美容外科は、日本人に適したバッグの必要性を常に熟知してきました。
そのため、このプリンセスバッグ(リッツ・プリンセスバッグ®)はリサーチを繰り返し行いました。
「リッツ・プリンセスバッグ®」は、世界のプレスト・インプラントメーカーと提携して開発されたオリジナルのバッグです。
内容物として、コヒーシヴ・ジェルにおいて、ソフトタッチ・ジェルより柔らかいレスポンシブ・ジェルを採用。さらに、外膜は、耐久性と柔軟性の面で世界トップレベルの評価を持つバイオセルを採用しています。これらの融合により、マシュマロのような柔らかさを実現しました

※当ページは読者の寄稿記事につき詳細はリッツ美容外科のHPを要確認
※管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •