•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


人工乳腺・内視鏡豊胸

<埼玉・50代・元美容外科勤務>
「内視鏡」による人工乳腺挿入方法の紹介・・
Theme=内視鏡豊胸
小さな切開部を通して広範囲に手術を行うことができるため、現在は多くの医療部門で人工乳腺法で使用されている内視鏡です。美容整形にはあまり使われていませんが、クリニックによってはより正確な手術を行うためにすでに導入されています。
これまでは、ワキの下から人工乳腺バッグ(インプラント)を挿入するときに手探りでしたが、この内視鏡の導入により医師が目で確実に確認し、安全性を向上させることができゆようになりました。美容面でも多くのメリットが得られます。
内視鏡の使用は、より正確な外科手術を望む人にはオプションとして提供される場合が多いでしょう。

人工乳腺バッグ(インプラント)の種類について・・
Theme=内視鏡豊胸
日本の厚生労働省やアメリカのFDA(食品医薬品局)、EUのCEマーク(EUの安全基準要件を満たす製品に添付する証明書)を取得した人工乳腺バッグのみを使用しているクリニックがより安全といえるでしょう。また、優れた安全性と耐久性、美しい仕上がりが特徴です。

「テクスチャードタイプ」と「スムースタイプ」について・・
Theme=内視鏡豊胸
人工乳腺バッグ(インプラント)の表面加工は、「テクスチャード加工」と滑らかな「スムース加工」の2種類があります。患者の希望、生活習慣、体質に従って提案します。

「ラウンド」「アナトミカル」「ハイブリッド」
3つのタイプの人工乳腺バッグ(インプラント)、「ラウンド」、「アナトミカル」および「ハイブリッド」。患者の希望と体格に合わせて提案されます。

コヒーシブシリコンジェルについて・・
Theme=内視鏡豊胸
かつては主流であった「シリコンジェル」は低粘度であったため、交通事故などの強い衝撃で外側のバッグが破損して体内に流出する可能性がありました。
したがって、現在ではシリコンジェルが進化した「コヒーシブシリコンジェル」が主に人工乳腺法では使用されています。コヒーシブシリコンジェルは半永久的に形状を記憶しているので、破れても内容物がシリコンジェルのように漏れる心配はありません。また、柔らかく自然な快適感があります。

利用可能なすべてのサイズ・・
Theme=内視鏡豊胸
無条件では言えませんが、通常100ccで約1サイズ増加すると予想されます。
人工乳腺法で患者のあらゆるニーズに対応できるように、信頼できる製造業者の製品からすべてのサイズを入手して取りそろえているクリニックを選択すると理想のバストアップへつながるでしょう。最大サイズは800 ccが限界です

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •