•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎延長術

<東京・20代・都内クリニックスタッフ>
インプラントを使用した顎延長術
顎が短かかったり後退している状態は、インプラント挿入による顎延長術でバランスの取れた輪郭に調整することができます。インプラントの形状は、患者の顔面骨格の大きさと形状、患者それぞれの希望を考慮したうえで設計されています。アゴの骨格のラインに沿っていないインプラントを用いる顎整形は、仕上がりが一目でわかるくらい不自然であり、顎のラインがあたかもでコブができたようにいびつなものとなってしまうでしょう。
したがって顎延長術の際には、顎の骨格に沿って曲線を描くように設計されたオリジナルデザインののインプラントを使用しなければなりません。それを挿入すれば非常に自然で端から見てとても美しい顎のラインになります。
顎延長術(インプラント挿入による)がおすすめの人
・顎を引き出したい人(顎)
・顎を長くしたい場合でプロファイルのバランスを取る場合
・皮膚を傷つけないように顎を引き出したい人

オトガイ伸展法
より短いおとがいは通常後ろに引っ込んでいることが多いので、シリコーンインプラントの挿入や、おとがい水平骨切り術により改善されるケースが一般的です。
ただし、おとがいを前方には全く出すことなく、下方に伸ばしたり、先端部を細くシャープにしたりするときは、おとがい部の四角骨切開が適しているでしょう。

おとがいスクエア骨切り(独自の顎延長術)
手他の骨切除手術のように全身麻酔で行われ、業時間は約1時間ばかりです。
手術の大部分は、他のおとがい骨切除手術と同様です。口の中を開き骨膜剥離を行います。最も大きな違いは、骨切り術のラインです。

おとがいの先端の長方形部分の骨を切って、この骨片を下に向かって移動させてチタン板で固定します。この骨片のサイズは、患者の所望の顎の長さおよび薄さによって決定されます。その後、先端に固定された骨を先細にして形作り調整を行います。
おとがいが時々突き出ている症例がありますが、その時に前部をこすり落とすことも可能です。それ以外は、一般的な手術に似ています。

ポイント
当クリニックの顎延長術で使用されるオリジナルのインプラントは、通常の線形インプラントとは異なり、下顎の骨格に沿って曲線を描く独自のデザインを持っているため、ごく自然なフェイスラインになります。
インプラントは最も安定した骨膜の下に挿入されるので、安定して動いたりずれたりすることはありません。
インプラントを他の病院で挿入し、「こぶ」ができてしまったかのような輪郭にお悩みの方は、おそらくインプラントを下顎の形状に沿って挿入しなかったことが予想されます。そのような場合、当クリニックでインプラントを交換すれば、それは自然な輪郭になるでしょう。
条件やご要望によっては、手術で骨を動かすこともできます。
顎はそれほど腫れが目立たない部分です。口の中からの手技ですので、外側に傷はありません。

顎延長術(骨切り術またはシリコン挿入)
治療期間=骨切り術:約80分、シリコンインプラント:約30分
麻酔=全身麻酔
腫れ状態=★☆★☆☆
停止時間=約1〜2週間、引き取り・10〜14日(吸収糸を使用し、基本的に抜糸は行う)
手術後約1〜2週間までは、熱い、辛い、スパイシーな食べ物などの刺激物を避けてください

※なお当ページは読者の寄稿記事につき、その内容の真偽は管理人には判断しかねます。あらかじめご理解ください。

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •