•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コヒーシブシリコンバッグ

<札幌・40代・元美容外科勤務>
豊胸の基礎知識・・
最近、いろいろな治療法が登場し、あなたが選んだ方法で豊胸やバストアップが可能になりました。豊胸、バストアップの正しく詳細な知識を得れば、確かに不安が少なくなりますよね。

豊胸(プロテーゼ)・・
豊胸手術のプロテーゼ法とも呼ばれるバッグ挿入方法。生理食塩バッグ、シリコンバッグ、バイオジェル、コヒーシブシリコンバッグなどを胸に入れてバストを大きくする方法です。外科手術は脇の下しわに沿って切開して行われますが、傷跡は数ヶ月でほとんど目立たなくなります。体内組織がバッグの周りを締め付けて胸を硬くする「カプセル拘縮」を防ぐ必要があり、術後マッサージは不可欠です。
豊胸手術(プロテーゼ)は、人工乳腺を乳腺下もしくは大胸筋下に挿入してバストを大きくします。インプラント、バッグ、プロテーゼ挿入方法とも呼ばれる方法です。人工乳腺は、皮膚および乳腺の厚さ、脂肪および骨格の状態、授乳経験、所望のバストの大きさおよび感触によって、様々なバッグを有します。現在、近代的なコヒーシブシリコンバッグが主流です。
豊胸(コヒーシブシリコンバッグなど)を伴うバストアップ手術の前に、大きさと感じをうまくイメージすることが重要です。それに応じてバッグの種類と操作方法が分けられます。医師によく相談し、アドバイスを受けてください。

バッグの種類・・
人工乳腺(バッグ)は内容や形状によって様々な種類があります。あなたは体質、触感、術後形状、安全などを考慮して好みに応じて選択することができます。現在、コヒーシブシリコンバッグが主流です。

コヒーシブシリコンバッグとは・・
シリコンジェルは進化し、万一破損しても拡散しないように加工されたのがコヒーシブシリコンバッグです。シリコンジェルバッグの豊胸において、バッグが破損すると、シリコンジェルの内容物が体内に漏出する可能性があるが、コヒーシブシリコンバッグは内側のシリコンの凝集率が高いため、心配する必要はありません。柔らかく、本当のものに近い気持ちのよい感触もメリットです。

CMCジェルバッグ・・
CMC(カボキシメチルセルロース)を使用した食品などにも含まれる天然の水溶性物質バッグです。たとえそれが壊れても身体に吸収され、4日か5日で汗か尿になり、体外に出るでしょう。従来のバッグと比較して、形状だけでなく、触感も自然に近いので、進化したバッグといえます。
その他の内容物はメチレンブルー混合物、生理食塩水に高分子ポリマーを加えてゲル化したハイドロジェルバッグがあります

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •