•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


コヒーシブシリコンバッグ・豊胸

コヒーシブシリコンバッグ・豊胸

<東京・20代・美容外科勤務>
コヒーシブシリコンバッグのバッグ形状・・
現在、多くの種類のバッグがありますが、バッグを選ぶことはプロテーゼ挿入の豊胸手術仕上がりを決める基本と言われています。
バッグの表面はなめらかでツルツルしたスムースタイプと、あらくザラザラしたテクスチャードタイプがあります。
形状は大きく「ラウンド型」と「アナトミカル型」に分けられます。
・ラウンド型
丸型は、ほぼ円錐の形状をしています。体が寝ても横に広がるので、自然な感じです。どんな動きにも柔軟に対応します。
・アナトミカル型
それは「体の構造」を意味します。その名前が示唆するように、側面から見ると、下半分は大きく、乳房の上の方は形状が下がっています。もともと乳腺は立位に立っており、重力で下方に垂れ下がっているので、アナトミカル型バッグは体の構造を理解して整形されたものと言えるでしょう。
しかし、上半身のボリュームを失った方が、このフォームを入れると、下半分だけが大きくなり、垂れたバストが強調されます。もともとバ大きなバストを持つ人々に適しています。

コヒーシブシリコンバッグ豊胸手術の方法・・
コヒーシブシリコンバッグ挿入の豊胸手術では、胸にバッグを入れることが基本であり、3つの方法があります: “乳腺下法”、 “大胸筋下法”、 “筋膜下法”です。

・乳腺下法(コヒーシブシリコンバッグ豊胸)
乳腺下法では、ワキの下、乳輪、乳房のどれかに数センチメートルの切開を入れ、そこからバッグを入れます。大胸筋の下を剥がさないので、大胸筋下方よりも術後の痛みが少なくなります。
この方法は、すでにバストに適度なボリュームを持っている人に適しており、形を整えるために多く使用されています。高齢化、出産、授乳などのためにバストの形を崩していた人が、しぼんでしまったと言う人が利用することが増えています。

・大胸筋下法(コヒーシブシリコンバッグ豊胸)
大胸筋下法では、脇の下の側皺に沿って数cmの切開を行い、バッグを挿入します。大胸筋の下にバッグを置くので、それに応じてバッグを胸に入れたかどうか分かりにくいという利点があります。
乳腺やバストの皮下脂肪が少ない人、つまり比較的小さいバストの人で、皮膚が薄くても自然に感じられる人に適しています。数ヶ月後に赤味が消えると傷が目立ちにくいので、ノースリーブなどを着ても問題ありません。

・筋膜下法(コヒーシブシリコンバッグ豊胸)
筋膜下法ドは、ワキの下を切開し、乳腺と大胸筋の間にある薄い筋膜の間にバッグを挿入する方法です。それは大胸筋を剥離しないので、手術後の腫れや痛みが少なく、回復が早いという特徴があります。
バッグは乳腺に触れないので、感染症対策にもなります。また、バッグの輪郭が現れないですし、自然な形のバストを実現します。長期的も、曲がったり歪んだり形状崩壊はしにくいと言われています

※上記は読者の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •